ブログ Blog

中国の世界トップの座は想定より早く訪れそうです

多少違和感はありますが
これが現実です

👇👇👇
ブルームバーグ

コロナを世に出した国なのですが。。

コロナからひと足先に回復して
世界の中で頭一つ抜きん出た印象

2030年にトップに?!
の報道が多かったですけどね

さらに早まりそうです

ところでこの記事で言われる【経済大国】は
GDPが根拠なのだろうか?

数字の世界ですからある程度の操作は
出来てしまいそうですが

それでも数字で見せられると
大きな根拠になってしまいます

どうですか?

資産づくりに中国を含む新興国は
組み入れられていますか?

というかそもそも日本国内だけの人が
まだまだ圧倒的に多いかもしれませんね

資産づくりに日本国内以外も
組み入れられるのであれば

中国を含む新興国は
検討が必要になってしまいます

 

世界へ投じるファンドは
多々あるのですけど

各国の組み入れ比率は

◆株式であれば時価総額
◆債券であれば発行額

の大きさで決まることがほとんど

ですが経済の規模を表すのは
GDPがよく用いられますから

それに合わせたファンドは
1つ保有しておいた方が効率的かもしれません

ただそれに対応したファンドは
今のところまだ少なくて

以前にご紹介したファンドを含め

ざっと調べただけですけど
以下3本ぐらいでしょうか?

① 世界経済インデックスファンド
by三井住友TAM

② グローバル株式ファンド
byスカイオーシャンズアセットマネジメント

③ ニッセイ世界株式ファンド
byニッセイアセットマネジメント

 

ですけど①以外はまだ
出来たてほやほやファンド…

①だけなのですよね
歴史のあるファンドは

そこでその①を見ると
理にかなっているからか
良いのですよね

設定は2009年1月

過去10年のリターンは約7%ほど

他にいくつか確認項目はありますが
まんざらでもありません

【世界へ分散】はキーワードでありながら
その内容は十分吟味が必要です

どうぞご注意ください

しかしコロナ発の国が
世界一位へ踊りでる?!

こちらの気分と投じる対象は
イコールになりません

おかねに関する事柄は
気持ちが不要である好例であります

ではまたです

 

※過去のブログはアメブロさんへ

メールマガジンを配信しています。

将来の安心について、お金の専門家から最新の情報をお届けしています。
登録は無料です、ぜひご購読ください。

コンプライアンスを遵守し、個人情報保護に努めます。
強引な勧誘などは一切いたしません。