ブログ Blog

野菜が安すぎる原因にもつなばる検証が行われるようです

野菜の価格が下がっていますね

消費者にとってはうれしいことですけど
農家さんはたまったものではないかと。。

👇👇👇
読売新聞

これにもつながる検証が
行われるようです

どのような検証がなされるのか?!
気になるところであります

👇👇👇
日本経済新聞

コロナ一色の世の中ですから
おかねを使う以前に巣ごもり状態。。

目指している物価目標2%からは程遠い

その状態も相まって
約7年間行っている2%目標の検証

かなり気になるところです

私たちの生活&貯蓄へ
ダイレクトに影響しますものね

過去10年間を振り返っても
2%に到達した年は一度もありませんし

原因は何とされるのか?!
注目であります

 

ですけど…
仕方がありません…

米国も欧州も世界各国の目標が
2%でありますから

日本だけが下げるわけには
いかないと言われています

なぜでしょうか?

しかもどの国もその2%を
達成できていないし…

なんだか2%の目標は
世界共通の表の話に聞こえてしまうのですね

この点だけを見てもグローバル化は
世界を1つにしてしまう印象です

各国の違いが無くなっていきそう?!

仮に世界統一仮想通貨でも出来ようなら
なおのこと
貯蓄に必須である【分散】の概念は
無くなってしまう

では無く
なんだかんだと
各国それぞれ思惑は同じかもしれません

 

先の物価目標2%

仮に日本だけが下げたら
どうなるか?!

日本だけ物価が上がらず
おかねの価値は現在と変わらない

世界は2%の目標達成が出来て
物価が上がってしまうと

それまでのおかねでは
変えるモノが減ってしまう

円の価値は変わらず
世界各国の通貨価値が下がる

『円高になってしまうではないか?!』
につながると言われます

昨今はどの国も
自国の通貨がある程度下がることを
良しとしていますね

どの国も輸出をしたいですものね

つまりは通貨の価値のために
物価2%は維持?!
に感じてしまいます

結局のところ各国の通貨が存在しているわけで
それは為替が存在しているわけで

そうなると各国の違いは
おのずと生じます

【分散】の概念は
まだまだ継続しそうですね

 

ですけど過去はあくまで過去

この度のコロナの前
不思議な現象が起こっていました

これも各国で起こっていますけど

先の物価は失業率と密に
関係すると言われていて

物価が上がる

景気が良い証拠

雇用が増えて失業率低下

これが今までのセオリーでしたが
物価は上がらずも失業率は改善していた

これがコロナ前の現状ですね

過去はあくまで過去ですので
私たちのおかねの預け先

過去の踏襲は参考程度に
おさえておきたいものです

ではまたです

 

※過去のブログはアメブロさんへ

メールマガジンを配信しています。

将来の安心について、お金の専門家から最新の情報をお届けしています。
登録は無料です、ぜひご購読ください。

コンプライアンスを遵守し、個人情報保護に努めます。
強引な勧誘などは一切いたしません。