ブログ Blog

国が10兆円ファンドをつくるようです

ダウも日経平均も
こんなに上がるとは?!

株価と経済の関係性は
希薄になってしまいましたね

コロナバブルなんて語を
よくよく目にしますけど

まんざらでもない印象です

投じる行為がなんだかとても
ハードルの低いことに感じます

その一環ですかね

こんな記事が
👇👇👇
東京新聞

文科省と内閣府が
巨大ファンドをつくるようです

少々前から報じられていますね

2021年度の予算案

報じられる時期となってきましたので
あらためて取り上げられています

この度のファンドは
国公立大学等の研究資金に充てられるとか

この手のファンドは
今に始まったことではなく

以前からある官民ファンドですね

ただこの官民ファンドは
かなり悪く言われることもあって

運用結果は芳しくないモノが多いのです

ですけどもベンチャーへ
投じるマネーでもありますから

社会的意義は高いと感じます

それなのにこの度のファンド
運用を有名運用会社へ任すかもしれないようで

なんとなく今までのニュアンスと
違うのですよね

実際のところはどうなるか
わかりませんがね

いま名前が挙がっている運用会社の1つに
ブラックロックがあります

世界的に有名ですが
これだと官民ファンドと呼べるのだろうか?

とは言え現実は高リターンを望みますから
背に腹は代えられないのでしょうか

ただこのブラックロックに関しても
全てが上手く行くわけではなく

過去には山のように
ファンド(ETF)を閉じています

運用結果が良好でも人気が無ければ
閉じざるを得ないのがファンドの世界です

ちょっと検索すれば
その手の話はすぐ出てきます

👇👇👇
ブルームバーグ

このようなファンドにならないことを
願うばかりですね

もちろん自分たちの
資産づくりに選ぶファンドも
いくつかの視点から選択を

ではまたです

 

※過去のブログはアメブロさんへ

メールマガジンを配信しています。

将来の安心について、お金の専門家から最新の情報をお届けしています。
登録は無料です、ぜひご購読ください。

コンプライアンスを遵守し、個人情報保護に努めます。
強引な勧誘などは一切いたしません。