ブログ Blog

ザンビアのデフォルトもドル建て

ザンビアがデフォルトですか

👇👇👇
日本経済新聞

個人的には馴染みが無く
色々と調べてみますと

ここにも中国マネーが入っていますね

アフリカへの支援を
積極的に行っていますから

ザンビアも例外では
ありませんでした

 

このデフォルトは債権者が
利払いを待たなかったようでして

その債権者は民間のようです

ただ中国への支払いは
行っている可能性があるとか無いとか?!

なんともグレーな世界であります

 

そしてこの度のザンビア債務は
当たり前のようにドル建て

ほぼすべての国が
自国の通貨で国債を発行できませんよね

自国の通貨で国債を発行できるのは
米国・日本・スイス
など

よく名が挙がる国々です

わが日本の場合
大半は国内で保有されておりますが

世界の大半の国々は
他国に依存中

合わせてその大半がドル建てなわけで

ドル建て国債を発行する国々は
必ずドルに交換して発行し

結果的に米国はいくらでも
おかねを刷ることが出来る

基軸通貨国は打ち出の小槌を
持っているようなもの

不思議な状態です

そしてその立場を
虎視眈々と狙っているのが中国

ですけども中国に限らず
基軸通貨はそんな簡単に変わるのでしょうか?

米ドル以前は英国ポンドがその立場

戦争によって米ドルに代わりましたが
今後は何が変わるきっかけとなるのだろう?

ユーロが登場したとき
基軸通貨は米ドルから代わる?!

なんて言っていた専門家は多かった

ユーロが登場したのち
リーマンショックが世界を襲って

この時がもっとも言われていました
米ドルが終わると…

ですけ米国は見事に復活して
逆にユーロが混乱して…

米ドルよりも信頼がおけて
世界各国が使うことの出来る通貨?!

なんてことを考えても
仕方がありませんね

ですけどデフォルトのニュースを見るたびに
基軸通貨を考えさせられます

国債・為替・貿易・収支

たくさんの要因が絡み合って
私たちの資産づくりに影響を及ぼしている

どうぞリスクを十分に考慮して
投じる対象を決めたいものです

ではまたです

 

※過去のブログはアメブロさんへ

メールマガジンを配信しています。

将来の安心について、お金の専門家から最新の情報をお届けしています。
登録は無料です、ぜひご購読ください。

コンプライアンスを遵守し、個人情報保護に努めます。
強引な勧誘などは一切いたしません。