ブログ Blog

児童手当が変わりそう?!ちなみに総額は把握されていますか?

児童手当が多少変わりそうですね

👇👇👇
毎日新聞

本当に変わってしまえば
良くない改正になりそう

財源が無いから!と言われてしまえば
話は終わってしまいますが

日本全体として子供に関する手当等は
拡大させてしかるべきかと

とはいえこの児童手当
今では当たり前になってしまいましたかね

よくよく考えれば
有難い手当でありまして

この使い道は大切であります

2年前の内閣府の調査結果によれば
受給者の半数以上は
子供に関する貯蓄へ回しているようです

複数回答可ですから
多少誤差はありそうですが

👇👇👇
児童手当関する意識調査

都度受け取りますから少額に感じますが
総額は約200万円になります

前職のかんぽ時代
学資保険を販売していまして

学資保険は満期額を
加入時に設定します

《18歳の時に満期200万円》
のように

なんとなくですけど
満期額が200万円~300万円の方が
多かったように記憶しています

もし満期額200万円コースに加入して
0歳加入で満期年齢が18歳とすれば

毎月の掛け金は約9,000円ほど

これに加入すれば児童手当総額約200万円を
そのまま先送りすることと同じです

子供一人を私立大学に通わすとして
それが県外であれば

大学4年間の学費&仕送りは
約900万円~1000万円が必要となります

そう考えれば児童手当の約200万円は
決して少額ではありません

現在受給されている方

今後受給される方

いま一度使い道は検討するに値します

合わせて子供の貯蓄として
将来へ先送りするのであれば

その送り方は熟考したいところ

お子様がいらっしゃるご家庭は
この学費の準備方法で

ご自身の退職後資金にも
大きく影響します

子供の人数や教育費&老後資金
すべて1つの貯蓄として考えたい

くれぐれも目的別に
商品等を分けられませぬようご注意ください

この目的別貯蓄は
金融機関が考えたと言われています

その方がたくさんの商品を
販売出来ますからね

ただ貯めこむばかりは
いかがなものかと思いますが

先立つものが必要でもあります

そのあたりのバランスを
共に考えましょう

しかし教育費だけは
インフレ真っただ中です。。

ではまたです

 

※過去のブログはアメブロさんへ

メールマガジンを配信しています。

将来の安心について、お金の専門家から最新の情報をお届けしています。
登録は無料です、ぜひご購読ください。

コンプライアンスを遵守し、個人情報保護に努めます。
強引な勧誘などは一切いたしません。