ブログ Blog

ショーン・コネリーさんの最後は世界初のデジタル通貨発行バハマでした

もう90歳でいらしたのだ

👇👇👇
BBC NEWS

個人的には007よりも
アンタッチャブルが思い出されますね

若いころ洋画にハマって
その頃第一線で活躍されている印象でした

ちなみに記事で知りましたが
ご自宅はバハマだったようで

どうなのでしょう?
【サンドダラー】は使われたのだろうか?

体調が芳しくなかったようですので
触れていらっしゃらないでしょうね

◆サンドダラー

バハマ中央銀行が発行した
世界初の中央銀行デジタル通貨

先月10/20からバハマ国内で
全国民が利用できるようになっています

中国よりも先んじて動かれましたね

いづれ紙幣は不要になるのだろうか

大なり小なり手数料は発生するでしょうから
それでも紙幣より広まりますかね

日本はようやくスタート段階ですので
世界からは少々遅れています

 

まだまだ不思議な印象を受ける
デジタル通貨

ですけどおかねの流れは
なんら変わらないようです

紙幣の正式名称は
銀行券(日本銀行券)

日本銀行が発行するわけで
日本銀行にとっては負債の位置づけ

貸借対照表を見れば
その負債に見合う相手方は大半が国債です

その国債は低利とは言え
利息が発生しますから

紙幣を刷れば刷るほど
儲かることになります

であればバンバン刷ればいい?!

とは言っても世界から
その信認があるのが前提で
無くなってしまえばただの紙きれ

それでも日本の信認は
そう簡単には崩れない?!

みたく国民を巻き込んだ議論が
必要だと感じます

 

【通貨発行益】
ご存じですか?

読んで字のごとく
通貨を発行して生じる利益

先の負債と資本の話です

紙幣を発行すればそれは負債になり
その相手に国債がきますから

そこから生じる利息のコト

なのですが
もう1つある?!の意見があって

1万円を発行するコストは
約24円ぐらいと言われます

だとすれば1万円を発行すれば
1万円-24円=9,976円

9976円儲かるではないか?!
があります

コトはそんな簡単な話ではありませんが
コロナで大量に刷ったわけですので

せっかくのこの機会

総理も変わったことですし
今後の国債の話を報じて欲しいものです

今ならみんな
聞く耳があると思うのだが

ショーンコネリーさんの訃報で
感じたことでした

ほんとゆっくり映画が見たい。。

ではまたです

 

※過去のブログはアメブロさんへ

メールマガジンを配信しています。

将来の安心について、お金の専門家から最新の情報をお届けしています。
登録は無料です、ぜひご購読ください。

コンプライアンスを遵守し、個人情報保護に努めます。
強引な勧誘などは一切いたしません。