ブログ Blog

バスケがスポーツ振興クジへ?!一発ドカンを資産づくりにも

新たに加わるかもしれませんね

👇👇👇
KYODO

スポーツ振興くじ

サッカーに加えて
バスケも対象になりそう

個人的にはもっとスポーツの種類を
増やせばいいと思いますがね

振興にまわされる資金が
あるわけですから

大なり小なり役立つ資金です

 

ただこれは【くじ】と言いながらも
完全にギャンブルなわけで

多少なりともギャンブルの匂いを
消そうとしているのが伝わってくるのは
気のせいだろうか

国の二枚舌が否めない。。

それとこの販売に際して
『これはギャンブルです!』と言えばいいのに

国としては投資を推したいわけで

ギャンブルと投資の違いを
ビラでも配れば

投資教育を兼ねれますから
一石二鳥だと感じます

ちなみにギャンブルとは
そこへおかねを投じた時点で
そのおかねが減ることを意味します

これがスポーツ振興くじの
HPに掲載してある図です

👇👇👇

青枠の当せん払戻金
50%となっていますよね

売り上げの中から
当せんにまわされる資金は半分しかありません

こう見るとスポーツ振興のおかねは
かなり少額であります。。

なぜか国庫納付金まであるし。。

日本のギャンブルは
国の専売特許ですから仕方がありませんね

ついでに世界最悪のギャンブルと言われる
日本の宝くじはこれ

👇👇👇

当せん金は46.5%。。
半分以下ですからね。。

よくもこんなに堂々と
書けるものです。。

とはいえ当たればデカイですから
ギャンブルと言っても
買いたくなるのは納得

パチンコや競馬とは一線を画しますよ

 

これらと同じくわたし達の資金作りも
一発ドカンがあればいいですよね

そこで検索サイトつかって
直近一年でもっとも資金が殖えたファンドを
検索してみました
※モーニングスター

過去1年ですのでかなり短期間

リターンランキング

👇👇👇

見えにくいですが
トップ5のうち米国関連が3つ

1位は104.42%ですから
1年で投じた資金は倍になっています

たまたま時期が良かった印象ですね

 

ただ気になるのがもう1つ
純資産残高

たくさんの資金が集まっている
ランキングです

👇👇👇

なんとすべて日本株関連です。。

あり得ないと思うのですが。。

これは間違いなく
売り手の影響ではないでしょうか

運用会社は野村&大和&日興

対面営業ですね。。

なんて勘ぐりですが
好結果のファンドと売れているファンドに
なんら関連はありません

どうぞ『これは人気です!&おススメです!』
にはご注意ください

日本の金融は独特です。。

ではまたです

 

※過去のブログはアメブロさんへ

メールマガジンを配信しています。

将来の安心について、お金の専門家から最新の情報をお届けしています。
登録は無料です、ぜひご購読ください。

コンプライアンスを遵守し、個人情報保護に努めます。
強引な勧誘などは一切いたしません。