ブログ Blog

年賀状2021年度発行枚数はピーク時の半分のようです

早いものでもう
年賀のお知らせですか

ポストへ予約状が入っていましたね

昔からの習慣で
今でも出しますけど

出さなくても良いような気がする

やめるのがちょっとコワい感覚で
なんとなくこのまま続けるのでしょうか

毎年言われていますが
出さない人々が年々増えて

今年の発行数は
ピーク時の半減とか

2003年度の44億枚をピークに
2021年度は23億枚

来年以降も増える傾向には
無さそうです

この半減&2003年をピーク
で感じますが

なんだかデフレと共に!
の印象です

デフレの際に用いられるワードの1つに
消費者物価指数があります

これを基に考えますと
1998年からデフレ継続中である日本

現在の資産づくりにおいては
インフレがもっともコワイ!
と言われます

ですけど本当にインフレは来るのでしょうか

先の消費者物価指数で言えば
22年間デフレです

デフレは物価が下がるわけですから
資金を預貯金に置いておけば
おかねの価値は上がります

結果的にこの22年間
預貯金に置いておくのは
ある意味正解でありました

かつ今後もデフレ継続なら
そのまま預貯金で良いわけで

あえてリスクをとる必要は無いかと

ただそうなると
おかね自体は増えませんが…

どうなのでしょうか?

インフレ来ますでしょうか?

コロナが起こったために
おかねがたくさん刷られて

家計金融資産は
コロナ前後で30兆円も増えました

インフレがやってきても
おかしくはありませんか

デフレとインフレ

両方の対策のためには
家計の資産

預貯金とリスク性商品を
半々で良いかもしれません

どちらにも対応できるように

なんて絵空事のようですが
大切なコトと感じます

おかねを増やしながら
デフレ対応にも

そういえば年賀状は
いまいくらだ?

ではまたです

 

※過去のブログはアメブロさんへ

メールマガジンを配信しています。

将来の安心について、お金の専門家から最新の情報をお届けしています。
登録は無料です、ぜひご購読ください。

コンプライアンスを遵守し、個人情報保護に努めます。
強引な勧誘などは一切いたしません。