ブログ Blog

年金を早く受け取ると得をする改正!本当だろうか?

ゆっくり動き出しているのでしょうか

👇👇👇
日本経済新聞

◆ DC:確定拠出年金

ここで書かれているのは
企業型DC

企業が掛け金を拠出(積み立て)し
従業員が自ら運用方法を決める

この運用方法には3つあって

①預金
②年金保険
③投資信託

圧倒的に①預金の利用者が多いのですが
それが崩れつつあると

③の投資信託へ移行する人が
増えていると

ようやく…の印象ですね

とは言っても最近は
とても簡単に考えている風潮も

暴落するイメージは
出来ているのでしょうか

その暴落期間は
数年に及ぶこともあるわけで

それに耐えらるかどうか?!

重々理解して踏み入れていただきたいものです

この制度は年金を補完するための
制度なわけですが

そういえば年金制度は
2020年の制度改正で
いくつか変更がありましたね

その中で1つ
誰にでも当てはまる改正

繰上支給が多少良くなりました

◆繰上支給

65歳より早く受給すること

詳細は日本年金機構
ご覧ください

65歳から受給する基礎年金(国民年金)を
60歳から受給する

これを行えば1か月につき
5%減額されます

それがこの度の改正で
2022年より4%となります

1%お得ですね

これを基に損益分岐点を計算すると
80歳10か月

これ以上長生きすると
65歳からの受給がお得

男性にとっては微妙なところ

ただ繰上すると遺族年金&障害年金にも
影響が及びますから確認は必須です

どうなのでしょう?

国としては長生きすると
考えているのか

早く受給してもらいたいのかもしれない

個人的には繰上反対派であります

亡くなるリスクより
長生きリスクの時代ですので

ではまたです

 

※過去のブログはアメブロさんへ

メールマガジンを配信しています。

将来の安心について、お金の専門家から最新の情報をお届けしています。
登録は無料です、ぜひご購読ください。

コンプライアンスを遵守し、個人情報保護に努めます。
強引な勧誘などは一切いたしません。