ブログ Blog

家賃&住宅ローンはいつまで払いますかね

おかねにまつわる商品は
終わりがもっとも大切

これが一番大切なコトと
考えております

これもまた同じなわけで

👇👇👇
日本経済新聞

返済時=終わり
までのイメージが大切です

マイホームの価格は
上がっていますよね

業者さんに聞けば
資材が高騰しているとのことで

合わせて晩婚化ですし
マイホーム取得を考える年齢が
上がるのは納得

金額&購入時年齢
共に上がれば返済期間は延びてしまう

であれば途中での繰り上げ返済を
計画的に行えば良いのですが

超低金利ですから
あえてローン状態を保つ方もいらっしゃる

住宅ローン控除の1%

これが高すぎるのではないかと
会計検査院が突っ込んでいましたし

なんだかしっくりきません

 

ご相談者さまやお客さまには
終わらない貯蓄を1つは作ってください!
とお伝えしております

目的別に貯蓄を分けるのは良いですが
柱になる貯蓄は
満期等が無い商品を持ってくださいと

あくまでそれは預貯金ではなく
投信のような殖える商品です

おかねの殖え方は直線的に
上がらないのですよね

こんなイメージで赤線のように
途中から急に上がっていきます

👇👇👇

ですので今から上がっていく!時に
満期が来たり引き出したり

もったいないわけです

1つだけは柱の貯蓄を持ち
そこから都度引き出していく

それは欲しいところです

そうであれば冒頭の
住宅ローン

これも繰り上げ返済しないのであれば

退職時やその後に
柱の貯蓄から返済すればいいわけで

専用の貯蓄を作る必要はありません

教育資金&住宅資金&老後資金

総額をざっと計算したら
逆算して考えるだけです

貯蓄の最初からその金額を
積み上げるのは難しいので

都度増やす時に金額を増額させ
その商品へ積みますだけ

その時に目的別に分けることは不要です

そんなコトが当たり前になると
管理は簡単ですし
不要な手数料を支払うこともなくなる

結果的に貯蓄額が殖えることに
つながります

冒頭の住宅ローン

変動や固定
金利や年数に目は行きがちですが

終わり方&それまでの資金計画

こちらも気にかけてください

長いですからね
返済期間は

ではまたです

 

※過去のブログはアメブロさんへ

メールマガジンを配信しています。

将来の安心について、お金の専門家から最新の情報をお届けしています。
登録は無料です、ぜひご購読ください。

コンプライアンスを遵守し、個人情報保護に努めます。
強引な勧誘などは一切いたしません。