ブログ Blog

学費1200万円値上げは受け入れられるのだろうか?

ちょっと驚きのニュース

👇👇👇
朝日新聞DIGITAL

毎年200万円の値上げ
医大ですから6年間×200万円=1200万円

なかなか衝撃的なのですが。。

通われている学生さん
裕福な家庭が多いからか
しれっと発表できるのかな

ちなみに東京女子医大

コロナ禍で看護士さん400人が退職?!
で騒がれたところですね

おかねにシビアな病院なのだろうか

 

しかし大学は
特に私大は経営難が多いようで

3割の大学は定員割れになっていて

かつ過去10年間で公立化となった大学も
10校以上あります

今後大学の倒産や授業料アップは
ますます増えるのでしょう

進学となれば今も昔も
学費準備は必須なわけで

その準備額は年々増えているように感じる

ではその準備のためのツールは学資保険?!
が良き時代は簡単でしたね

考えなくて良かったですから

そのツールが使うに値しない時代となりましたので
今までよりは少々考えなければなりません

そのためのツールになる?!
と思われた【ジュニアNISA】

廃止が決定していますね

つみたてNISAにイデコ

利用者はジワジワ増えていますが
ジュニアは廃止

その理由は単に
人気が無いからです。。

制度がわかりにくいこともありますが

不人気の最大の要因は
18歳まで引き出せないことにあると言われます

確かに中学&高校受験
習い事に塾の費用

必要な資金は18歳になるまでにも
多々あります

ですけどそもそも
中期&長期で運用したいわけですから

18歳まで引き出せないことは
本来であれば理屈に合致しています

となれば配分がとても大切であります

ジュニアNISAは年間80万円まで
利用できました

仮にそれをフルで利用できるとしても
すべてをジュニアへ突っ込むと
後悔するかもしれません

80万円出来るのであれば
普通預金&ジュニア
のように組み合わせたい

老後資金も同じように
考えたいものです

ちなみに学費準備よりも
老後資金の方が簡単ではあります

期間のしばりがあまり無いので

ではまたです

 

※過去のブログはアメブロさんへ

メールマガジンを配信しています。

将来の安心について、お金の専門家から最新の情報をお届けしています。
登録は無料です、ぜひご購読ください。

コンプライアンスを遵守し、個人情報保護に努めます。
強引な勧誘などは一切いたしません。