ブログ Blog

中国国債へ投じる方が増えることになります

じわじわと確実に広がっています

👇👇👇
ブルームバーグ

中国の国債
世界で必要なモノとなります

記事に書いてある通りですね

世界三大主要債券(インデックス)の中で
ラッセルが最後に中国を採用です

いよいよと言うか
とうとうと言うか

世界の主要国債(債券)に仲間入り

数字を見れば
採用されて当たり前ではあります

中国の債券市場は
米国・日本に次いで世界第三位の規模

かつ金利は10年債で3%強

米国も日本も0%台ですから
十分魅力的です

ただ常々心配されていることは
流動性です

この流動性は
とても気にされてまして

売りたいとき買いたいとき
モノがないとどうすることも出来ません

規制の厳しい国ですから
心配されて当たり前

ちなみに下は先の記事であるラッセルが
昨年に公表したレビューの抜粋です

👇👇👇

気になる方だけ目を通してください

要は昨年の段階でも
特に流動性に心配があって

採用となりませんでした

ちはみに流動性が低い原因は
現在の中国国債の保有者

商業銀行が
6割~7割を占めるとされます

そしてそれが満期保有となっていて
市場に出ないようなのです

ですが中国当局は
世界がそのようい見ていることは重々承知で
解消に進んでいます

 

債券ファンドで人気のある
ニッセイ外国債券インデックスファンド

ここは記事にある
FTSE世界国債インデックスに
連動させたいファンド

たくさんの保有者がいますから
みなさん中国国債へ投じることになります

中国に対しては感情が先行しますから
購入に際し大なり小なり影響しそう

理屈と感情を
うまく整理せねばなりませんね

数字上では当たり前の採用ですが…

ではまたです

 

※過去のブログはアメブロさんへ

メールマガジンを配信しています。

将来の安心について、お金の専門家から最新の情報をお届けしています。
登録は無料です、ぜひご購読ください。

コンプライアンスを遵守し、個人情報保護に努めます。
強引な勧誘などは一切いたしません。