ブログ Blog

収穫が多過ぎた投信EXPO2020

今日は年に一度のビッグイベント
投信EXPO2020

この度に関してはコロナのおかげで
オンラインライブ配信が行われまして

とても有難い

このイベントの主催は
投信の格付け評価を行うモーニングスター

そこの代表者といくつかの運用会社が
講演を行います

運用会社に関しては
営業の側面が多いわけですが

それを踏まえても
大変おもしろい

あらためて感じましたけど
コロナが今後の資産づくりに大きく
影響を与えそうです

それともう1つ
当たり前のことですけど

私たち一般人でもたくさんの情報を
取得できるようになりましたが

評価会社が持っている情報は
深すぎますね

未来から振り返ったら
このコロナ年は資産づくりにとって
転換点になりそう

現在当たり前となっている
平均点狙いや

米国ありきの資産配分は
どうなることやら

間違いなく変わると言っても
過言ではありません

●新興国
●中国
●攻める=アクティブ

これらがキーワードでしょうか

小難しいことは個別お問い合わせで
お伝えするとして

お問い合わせで最も多い
一括で資産を預ける行為

やはり深く考察せねばなりません

ファンド選びはもちろんのこと
何をどれだけ組み入れるか

より深く広く
選びたいところ

そこでこの度の資料から
興味深いデータを1つご紹介です

👇👇👇

とても人気があり運用期間も長い
《netWIN GSテクノロジー株式ファンド》

お客さまでも保有されている方は
いらっしゃいます

いくつかポイントはあるのですが1つだけ

◆まとまった資金で一括購入した場合
or
◆積み立て購入した場合

の元本まで戻る期間が
書いてあります

図を一部抜粋しますと

👇👇👇

左端に書いてあるようにこのファンドは
1999年11月に運用開始

ですがすぐにITバブル崩壊が起きました

紺線は一括購入
赤線は積み立て購入

仮に運用開始と同時に購入していたら
共にすぐ元本割れをおこします

それが元に戻るまでの時間は

■一括購入:14年1か月
■積み立て購入:5年8か月

倍以上の時間差が生じています

あくまで一例ですし
ファンド自体の特徴もあります

やはり預ける方針が
大切になります

・成長させたいのか
・バランスを保ちたいのか
・運用期間
etc

最初が肝心ですね

 

繰り返しになりますが
このコロナは転換点になります

コロナで景気がどうこうでは無くて

・出回るおかねの総量
・金利の変化
・米国&米ドルの位置づけ
・米ドル円の行方

もう書ききれません。。

ぜひ共に変化に対応していきましょう

ではまたです

 

※過去のブログはアメブロさんへ

メールマガジンを配信しています。

将来の安心について、お金の専門家から最新の情報をお届けしています。
登録は無料です、ぜひご購読ください。

コンプライアンスを遵守し、個人情報保護に努めます。
強引な勧誘などは一切いたしません。