ブログ Blog

とても残念な日本撤退のニュースです

ちょっと残念なニュースが
入ってきました

👇👇👇
ブルームバーグ

◆バンガード社
米国籍世界最大規模の運用会社

平均点狙いのインデックスを
世に知らしめた運用会社です

日本に関しての最初は
マネックス証券さんと提携したり

最近では楽天証券さんが
こことファンドを立ち上げたり

👇👇👇
楽天・バンガードファンド

SBI証券さんも同じように

👇👇👇
SBI・バンガードS&P500

共にかなりの人気ですから
さらに根付くはずでしたが。。

仕方がありませんね

ここの最大のウリは低コスト

莫大の資金を運用しないと
利益が膨らまない

日本の利用者は
かなり少ないでしょうから

想定の規模までは
到達しなかったのかと

現在販売しているモノへ
影響はなさそうですが

今後は積極的に販売しないようで
残念で仕方がりません

息子名義でここを利用しようか
考えていましたからね

 

ではバンガードさんのサイトより
情報提供を1つ

【4%ルール】
ご存じでしょうか?

このサイトには
それはわかっているテイで
書いてあるのでわかりにくいですが。。

👇👇👇
バンガード

そもそものざっくりの内容は
退職後の資金を取り崩すにあたり

資金の4%づつを取り崩せば
資金が無くなりませんよ!です

●なぜに4%?!
●資金量によって違うだろ?!

ですけどもあくまで1つの目安です

 

ここのサイトには4%の説明は
書いてありませんが

その前提として
年間支出の25倍の資金を
準備することになっています

年金を考慮しないとして
毎月20万円なら
20万円×25=5,000万円

この時点で
●大丈夫!
●ムリ!
に分かれると思いますが。。

まずはそのテイがありまして
それを踏まえて

米国の株式指数である
S&P500

ここの年率がこのルールを作成した時点では
約7%ありました

そしてその当時のインフレ率が約3%

7%−3%=4%

先の25倍ルールの資金をもとに考えれば
4%づつ取り崩すと
資金は枯渇しないという意味です

日本に置き換えれば
もう少し下がりそうですがね

というぐらい
取り崩し方には気を付けて!
の意味なのです

細かな計算は置いておいて
まずはそこへ目を向ける必要があります

貯め方と同じぐらい
大切な事柄です

 

しかし本当に残念ですね

今後新たに販売される
バンガード社の何かを購入したい場合

米国株式として購入せねばなりません

税はめんどくさいし
為替をより気にせねばならんし

既存のファンドは
終わりなく続くことを願います

ではまたです

 

※過去のブログはアメブロさんへ

メールマガジンを配信しています。

将来の安心について、お金の専門家から最新の情報をお届けしています。
登録は無料です、ぜひご購読ください。

コンプライアンスを遵守し、個人情報保護に努めます。
強引な勧誘などは一切いたしません。