ブログ Blog

GDP27位の日本が先進国で2位の中国が途上国のナゾ

お盆最終日

なんだかんだと
気忙しかったように感じますが

明日から平常に戻りますね

マーケットも同じですが
気になる記事を見つけてしまいました

👇👇👇
ブルームバーグ

中国

あらためて
世界を席巻しているのがよくわかる

まだまだ大きくなるのでしょうね

ちなみに世界三大証券取引所は

1⃣ ニューヨーク証券取引所

2⃣ ナスダック証券取引所

3⃣ 東京証券取引所

ですけど中国本土すべてを足せば
日本は3位から落ちてしまう

世界への影響を考えれば
中国に抜かれてしまいました

世界第二位の経済大国ですから
仕方がありませんか

 

ただこの話題になると
ん?!
と思ってしまいませんか?

その中国はいまだに
発展途上国であります

おかしくありません?

トランプさんがしょっちゅう
怒っていますよ

『なぜ中国は先進国ではないのか!』
って

ですけど誰も見向きもしなければ
途上国の位置づけも変わらない

それは
自己申告だからですね

自国が先進国or途上国
それは自己申告制

WHO
世界貿易機関

ここがすべての元凶でしょうか

 

そもそもはWHOに加盟するとき
自己申告するのですよね

先進国or途上国を

そうしたらその後どれだけ発展しても
国の位置づけが変わることは無い

でもその当事国からすれば
先進国へ上がりたいと思いそうだが。。

そうでは無いようです

途上国であれば
さまざまな優遇措置が設けてある

輸入時の高関税や
農業分野の補助金などなど

そのためにどの国も
途上国とは申請しない

これが世界の常識のようです

日本のGDPなんて
世界27位ですからね

それなのに先進国
良いようにやられていませんかね。。

中国は2位
インドは7位ですよ。。

それでもなのに両国とも途上国です

ですので貯めながら殖やしたい方
資産に途上国は必須なのです

先進国よりさまざま
勝っているかもしれませんので

何事も言葉のイメージに
惑わされたくありませんね

ではまたです

 

※過去のブログはアメブロさんへ

メールマガジンを配信しています。

将来の安心について、お金の専門家から最新の情報をお届けしています。
登録は無料です、ぜひご購読ください。

コンプライアンスを遵守し、個人情報保護に努めます。
強引な勧誘などは一切いたしません。