ブログ Blog

日銀の投信購入はまたルールが変わるのでしょうか?!

本日からお盆休みの方が
多いのでしょうか

街中は昨日から
明らかにクルマが増えた。。

反面ビジネス街は
閑散とするでしょうが

そのビジネス街に投じている
ちょっと気になニュースです

👇👇👇
日本経済新聞

日本銀行が投信を購入してるのは
浸透していますかね

その1つとして
リート(不動産投資信託)も購入しています

ですけど購入できる上限に
近づきつつあるようです

現在のところ1銘柄につき
買い付けできる上限が
発行済み口数の10%まで

そのルール内で購入しているところ
3銘柄については
9%台まで到達したようで

もう買えないのか?!
ルールを変えるのか?!

の記事です

しかし日銀が購入していなかったら
どうなっていたのでしょう?

もちろん現在の価額であるわけはなく
影響は大き過ぎます

リートに関しては
コロナから抜け出せていませんしね

本来であれば
日本のリート(Jリート)

予想分配金利回りは4%ほどですから
分散の1つとしては有効です

資産づくりにバランス型の
投信を導入されていれば

リートが組み込まれている
ファンドはありますから

今後の計画を確認する
良い時期ですね

というのもリートは
まだま狭い市場の印象なのです

参考までに人気のリートで
確認しますと

👇👇👇
ニッセイJリートインデックスファンド

この上位組み入れ銘柄は
👇👇👇

細かく見られなくても良いですが
上表は最新版です

ですが公表されてる
最も古いデーターは2014年3月
👇👇👇

詳しく見ると2銘柄だけ違います

この約6年で2つしか変わらないほど
まだまだ小さな市場です

そこへもってきて
日銀が大量に購入しているわけで

年間900億円購入のところ
コロナによって
倍の1800億円まで増やします

ちょっと恐ろしくはある。。
いづれ手放すのでしょうから。。

リートが組み込まれている方
どうぞ今後の方向性をご確認ください

個人的には中長期で考えれば
盛り返すと感じますけどね

国土の狭い日本

コロナで在宅が広まるとはいえ
都心部は回帰するほかないかと

ではまたです

 

※過去のブログはアメブロさんへ

メールマガジンを配信しています。

将来の安心について、お金の専門家から最新の情報をお届けしています。
登録は無料です、ぜひご購読ください。

コンプライアンスを遵守し、個人情報保護に努めます。
強引な勧誘などは一切いたしません。