ブログ Blog

貯めながら殖やしたい方!新たに導入できるツールが登場したかも?!です

またしても連休

2020年は3連休が
8回もあるんですって

なのに楽しくお出かけ!
が出来ませんね。。

ですけどその分
浮いた費用が発生しているらしく

その資金は家電やリモート関連に
向かっているとか

確かに我が家も
少しだけ買い替えるようで

本来の買い替え時期よりも
少々早まりますか

時流と言えばそれまでですかね

 

さておかねに関することにも
時流がありまして

ただそれは金利や社会情勢に
影響を受けてのコト

貯めながら殖やすにおいて
投信は切り離すことは出来ませんが

明らかに変化が起きています

最初は『どうなのだろう?』
と感じていたコト

時流になりそうですよ

 

貯めながら殖やしたい方で
自分で管理したい方

ちょっと小難しいとは思いますが
さらっとイメージしてください

 

投信においては
大きく分けるとタイプは2つ

●攻めるタイプの
アクティブ運用

●平均点を狙いにいく
インデックス運用

この2つがありまして
時流は完全に後者のインデックス

なのですがそうばかりでは
無くなりつつあります

数年前に新たなタイプが
登場していまして

それは【テーマ型インデックス】

徐々に来そうな雰囲気です

👇👇👇
ブルームバーグ

◆テーマ型投信

話題となっているテーマに
関連する銘柄に的を絞る

昨今ではAIや自動運転が
それにあたりますね

テーマ型投信は
攻めるタイプのアクティブに含まれます

それなのに平均点狙いインデックスの
良いとこどりを始めている

インデックスの最良ポイントは
低コストにありまして

反面アクティブは
高コスト体質?!

ですが低コストが
登場しているのですね

これは良いかも!ですよ

 

具体的に1つ見てみますと

《eMAXIS Neoシリーズ》

三菱UFJ国際投信さんの
人気シリーズeMAXIS(イーマクシス)

このラインナップの
《eMAXIS Neo ウェアラブル》

設定されたのが
2019/5/28

始まったばかりですので
なんとも言い難いのですが

価額はこんな推移
👇👇👇

グッと落ち込んでいるのは
もちろんコロナ

過去1年だけでは
リターン25%ほど

ただですね

ここだけを見て『良いな~』
では危なすぎ。。

時流だな!と感じますのが
▲指数化

◆指数の低コスト
です

 

指数がわかりにくかもしれませんね

聞きなれたモノでいえば
日経平均やTOPIX

日経平均は日本経済新聞が
TOPIXは東京証券取引所が

算出&公表しております

ですので日本経済新聞も
東京証券取引所も指数会社です

その指数に連動する結果を目指すのが
インデックスなわけで

簡単なのですね

指数とほぼ同じ中身にすればいいので

 

その指数ですが
たくさん作られていまして

先の
eMAXIS Neo ウェアラブであれば

S&P Kensho  Wearables Index
という指数

こんなモノ
無かったですからね。。

ですのでプロたちが
1社づつ選んで投じていたわけで

ただそれがあまり当てにならず
良い結果を生まなかった。。

そこにもってきて
指数をつくったものですから

なんというか
簡単になったというか

安定しているというか

今までに無いモノが
生まれているわけです

かつそれが低コストに!

 

これは過去の流れを
変えるかもしれません

資産つくりに新たな武器が登場したかも?!

ただ長期ではなく
中期目線かもしれません

実験的に取り入れてみましょうかね

ではまたです

 

※過去のブログはアメブロさんへ

メールマガジンを配信しています。

将来の安心について、お金の専門家から最新の情報をお届けしています。
登録は無料です、ぜひご購読ください。

コンプライアンスを遵守し、個人情報保護に努めます。
強引な勧誘などは一切いたしません。