ブログ Blog

国内初の総合取引所が誕生しています

今日の話題は
李登輝さんしかありませんね

👇👇👇
日本経済新聞

中華世界で初の政権交代でしたから
しかも完全な直接選挙によって

20世紀最後の奇跡を起こしたとされる
李登輝さん

いつでしたかね
アラサーの頃でしたか

この手の話題にすごく興味が出て
結構調べたものです

しかしあらためて考えるに
よく民主化できましたよね
あの中国で

香港の現状と比較すると

当時の勢いが勝っていたのか
現在の統制がより厳しくなったのか

わかりかねますけど
驚愕の民主化です

 

さてわが日本でも
民主化の波は押し寄せたわけで

戦後の財閥解体は
現在に通じています

手持ちの資料から抜粋しますと

当時の4代財閥
三井・三菱・住友・安田

独占しまくりで
全国の企業の株式のうち

三井:9.5%
三菱:8.3%
住友:5.1%
安田:1.7%

4代財閥で24.6%の株式を保有

すごくないですか。。

たった4つで全国の約1/4株式を
保有しているわけで

様々な側面において
眼の上のたんこぶでしたでしょう。。

 

その財閥を解体して
市場へ株式が放出されました

ですけどそれは
株式のみで

他にもたくさんのモノが
取引されています

私たちには関係ない?!
と思われる取引所が誕生

👇👇👇
IT mediaビジネス

詳しく書くとキリがありませんので

要は複数の口座を開設しなれば
取引が出来なかった状況が

1つの口座ですべての取引が
出来るようになりました

便利になっただけじゃん・・・
ではなく

世界ではこの総合取引所は
当たり前ですので

ようやく世界の中で
便利な日本が生まれたわけで

それによって大量のマネーが
日本へ投じられる

令和になってようやくですよ。。

それもこれも
戦後になって一般投資家へ
株式が放出された財閥解体

その時に先物関係はダメ!
と米国の鶴の一声。。

それがなんだかんだと
カタチを変えながらも残ってしまい

ようやく今になって
総合取引所が誕生した

長すぎませんか。。
ここへ至るまでが。。

雑感ではありますけど
有り難い世の中になっています

もう少しで8/6を迎える日本

おかねの世界においては
証券民主化は大切です

ぜひこの恩恵を
個人の資産づくりへ取り入れてください

ではまたです

 

※過去のブログはアメブロさんへ

メールマガジンを配信しています。

将来の安心について、お金の専門家から最新の情報をお届けしています。
登録は無料です、ぜひご購読ください。

コンプライアンスを遵守し、個人情報保護に努めます。
強引な勧誘などは一切いたしません。