ブログ Blog

楽天証券が最下位・・・がどう判断しましょうか

たまたまなのですけど
ちょうど今

楽天証券の口座開設を
3名の方がおこなっています

なんでしょうね

私の周りでは
楽天>SBIが多いです

みなさん
クレジットカード利用者さんですから

ポイントが生活に溶け込んでいる
証拠でしょうか

ですけどもしその3名さんに
このデータを見せたら
気持ちは変わりますかね

👇👇👇
日本経済新聞

見えますかね?

これは金融庁が取りまとめている
【共通KPI】という取り組み

顧客が損失を出していることを
数値化してランクしている

ユーザーからしたら
親切な取り組みに感じますよね

ですけどこれ
誰に対して義務付けしていると思います?

どこがこの数値を
金融庁へ公表していると思います?

登場人物は以下の3者

①販売会社
➁運用会社
③信託銀行

そもそも投信を購入する人は間違いなく
資金を殖やしたい方です

となればその命運を握っているのは
運用会社です

ですけどこの共通KPIは
販売会社に義務付けられています

その理由はムリな営業をする
証券会社&銀行が多いから

それを考えますと
至極まっとうな取り組み

それを踏まえてあらためて
最新の公表データを見ると

👇👇👇

トップはさわかみの81.7%
最下位は楽天の13.7%

この意味は
ある決められた時期において
運用益がプラスになっている割合

楽天は13.7%しか
プラスになっている顧客が
いないわけです

最悪だ。。
と思ってしまいますよ

ですけどね
顧客の使い方によって
結果は変わります

積み立てが多いのか
一括購入が多いのか

しかもプラスになって売却した数値
ここには反映されていませんし

なんとも
今一つな取り組みです。。

要はある意味
制度も法もまだまだ
発展途上なのでしょう

どうぞ見た目の数字に
惑わされぬようご注意ください

とはいってもそもそも
この取り組みをどれだけの方が
知っているか。。

誰も見てないのでは。。

ですけどこんな取り組みが
ございますのでお見知りおきを

ではまたです

 

※過去のブログはアメブロさんへ

メールマガジンを配信しています。

将来の安心について、お金の専門家から最新の情報をお届けしています。
登録は無料です、ぜひご購読ください。

コンプライアンスを遵守し、個人情報保護に努めます。
強引な勧誘などは一切いたしません。