ブログ Blog

アマゾンVSウォルマート?!どちらへ乗りましょう?

雨の勢い
弱まってほしいところですが

こちらの勢いは
さらに強まりそうです

👇👇👇
ブルームバーグ

とんでもないことのようで

ここまで上がるとは
想像できなかった。。

どこまで上がるのか?!
困惑している様子です

個人的には
そんなに使いませんけどね

そのアマゾンに関しては
専門用語まで出来ています

◆アマゾン恐怖銘柄指数

アマゾン・ドット・コムの
収益拡大や新規事業参入などの影響を受け
業績の悪化が見込まれる
米国の小売り関連企業銘柄54社以上で
構成されている株価指数

アマゾンが隆盛したら
衰退する企業たちですね

それほどアマゾンのチカラは大きく
新規事業含め注目の的です

ちなみに現在
ゲーム業界に注力されていて

今後もGAFAの1つとして
敵なしなのでしょうか?!


そうばかりでも無さそう

アマゾン最大のライバルと言われる
米国最大のスーパーマーケットチェーン
ウォルマート

盛り返しているようです

ちなみにこのウォルマート
先のアマゾン恐怖銘柄指数の1つです

👇👇👇
DCSオンライン

本当のところはどうなのでしょうね

米国に住んでいるわけではないので
リアルな状況はわかりません

ですけどコロナが始まる前

昨年末には
ウォルマートが目立っていました

👇👇👇
ロイター

S&P500は米国の
代表的な株価指数

昨年末最高値更新した折
ウォルマートの好調が
指数を引っ張ったとされています

どうなりますか?

今後どちらに乗りましょう?

おそらくどちらも
簡単に衰退しそうにありません

ですので両方買っておいても
良いですかね

米国株式は
1株から買えますから

アマゾンであれば
約30万円あれば1株買えます

たった1株ですけど。。

上がってもさほど
影響はありません。。

であればS&P500を
買えばいいのではないですか

そこへは
アマゾンもウォルマートも
組み入れてありますので

S&P500へ連動するファンド
山のように存在しております

こんな感じでファンドは探しましょう

案外簡単でありますよ

 

しかし今日も明日も
雨を気にせばなりません。。

みなさまもどうぞご注意ください

ではまたです

 

※過去のブログはアメブロさんへ

 

メールマガジンを配信しています。

将来の安心について、お金の専門家から最新の情報をお届けしています。
登録は無料です、ぜひご購読ください。

コンプライアンスを遵守し、個人情報保護に努めます。
強引な勧誘などは一切いたしません。