ブログ Blog

この手のファンドは良いかもしれませんね

驚きましたね
逆転勝訴ですって

👇👇👇
KYODO

争点は何だったのだろう?

その地とはまったく関係のない
アマゾンギフトや食品

OKに戻るのでしょうか?

ふるさと納税
あらたな展開を見せそうですよね

ただそうなると
人気は集中しそうですが。。

 

おかねにまつわるコト

ルールが変われば
それに応じた対応が必要になるわけで

この度のコロナによって
ジワジワと変化が見えています

投信絡みの利用者は増えて

元本を割っているにもかかわらず
ニューマネーが流入している

ファンド自体は
【ポストコロナファンド】まで出来ますし

👇👇👇

将来から振り返ったとき
大きな転換点であることは
否めないでしょうね

 

そして個人的には1つ
気になっているファンドがあります

ファンドと言うよりも
この手が増えていくのでしょうか?!

👇👇👇
東京海上・がんとたたかう投信

ちょっと記憶に無いのです
がんと絡めた投信は

世界の株式の中から
がんと闘う企業へ投じるわけです

ただ直接東京海上が
買うわけではありませんけどね

実際の運用は
別の運用会社がおこなって

そこに対して投じますね

このファンドが出来た日(設定日)は
昨年の2019/7/26

まだ1年も経っていません

ですけどこれが気になる点は
2つありまして

①はコロナでかなり下がりましたが
一気に戻したのですよ

👇👇👇

赤〇が現在
設定来の最高値ですね

確かに【コロナとがん】
関係なさそうです

 

➁それともう1つ
終わりが無いのですよ

償還日(満期日)が無いのは
珍しくないのですけど

この手の何かに特化したファンド
大体10年で終わるのです

使いにくいというよりも
10年ぐらいしか持たない

旬があるモノが多いですから

10年経ったらひと昔で
下がった価額は元に戻らない。。

ですけどがんは
旬とは言いませんね

完全な治療薬が出来れば
話しは変わりますが…

ちょっと気にかけておきたい
ファンドです

ではまたです

 

※過去のブログはアメブロさんへ

メールマガジンを配信しています。

将来の安心について、お金の専門家から最新の情報をお届けしています。
登録は無料です、ぜひご購読ください。

コンプライアンスを遵守し、個人情報保護に努めます。
強引な勧誘などは一切いたしません。