ブログ Blog

4月末よりあらたな指数が公表されていますよ

このニュース
いろんな意味で気になりましたね

👇👇👇
日本経済新聞

第一生命がコロナ債へ
投じるようです

時代の流れといえば
それまでですね

そしてこのコロナ債
ワクチン開発のためらしいのです

昨今の企業が投じる先は
社会貢献が求められますよね

その意味合いとしては
とても納得いたします

ただ利回りとしては
どうなのでしょうか?

そこに関しては
二の次のような印象を受けますよね

殖える投じ先とは思いにくい

 

ちょっと気になるので
第一生命を確認すると

先月5/15に発表された
【2019年度決算について】

細々と記してある中

2020年度の資産運用方針が
ありました

👇👇👇

資産クラスはよくある中身ながら
2020年度に増やす予定は
公社債のみです

もう殖やすことなど
考えていませんね。。

コロナショックですから
守りに入っておられます

 

そしてもっと言えば
昨年の運用方針には

👇👇👇

不動産がありましたけど
2020年度はその欄さえ無い

リスクを取りたくないのか
不動産がもうイヤなのか

定かではありません

そして現在
不動産にとってかわる?!

あらたに加わる?!

指数が登場していますよ

 

2020年4月27日より
算出・公表が開始された
【東証インフラファンド指数】

ぜんぜん報道されません。。

◆東証インフラファンド指数

東証に上場する
インフラファンド
全銘柄を対象とした株価指数

※インフラファンド
道路・公共施設等
産業や生活の基盤となる施設へ投じる

新たに加わったわけですが
5%~6%ほどの
高利回りがウリなのです

どうですか?
資産づくりへ組み入れてみますか?

ただインフラと銘打っていますが
中身はほぼ太陽光です

太陽光へ投じているのと同じです

またインフラファンド
全銘柄と言っても7つだけ
今のところは

そしてそして太陽光ですので
現金がたくさん入ってきて?!

というよりは減価償却によって
経費をつくり分配金にまわしています

このあたりは深くなりすぎるので
割愛するとして

ちょっと今までには無い
あらたな指数です

どうなりますかね

あらたな指数として
定着するでしょうか

注視しておきましょう

ではまたです

 

※過去のブログはアメブロさんへ

メールマガジンを配信しています。

将来の安心について、お金の専門家から最新の情報をお届けしています。
登録は無料です、ぜひご購読ください。

コンプライアンスを遵守し、個人情報保護に努めます。
強引な勧誘などは一切いたしません。