ブログ Blog

オフィス不要時代が到来するでしょうか?資産づくりへは影響大です

どこまで浸透するのでしょうか?
今後が大変興味深い内容です

👇👇👇
Yahoo!ニュース

コロナによって仕方なしに
リモートが広まった結果

オフィスが不要であることに
気づいてしまった

そんな話題を
耳にするようになりました

現にリモートを推進することで
人材確保につなげる企業もあるとか

本当に浸透したら
大きな変化となりますね

そうなれば資産つくりへの影響も
はかりしれない

お客さまの中には
ワンルーム投資を
行っている人もいれば

都心の不動産を
所有している人もいる

かりに現物へ投じていなくても
バランス型投信の利用者さんは
多いのです

そこで気にかけておきたいモノが
リートですね

◆リート

多くの投資家から集めた資金で
オフィスビル・商業施設・
マンションなど複数の不動産を購入し
その賃貸収入や売却益を
投資家に分配する商品

リート:REIT
Real Estate Investment Trust
の略です

バランス型投信の中で
【8資産型】に含まれています

個人的にもリートを保有していて
今後の流れによっては
手放すことを視野に入れねばならない

そこでわたしが保有している
人気リートの中身を確認してみます

何かのご参考になれば幸いです

 

ニッセイ・Jリート・インデックスファンド

Jリートは
Japan/日本国内のリートの意味

これが目指すところは
【東証リート指数に連動する】です

その【東証リート指数】とは

👇👇👇
東京証券取引所に上場する不動産投資信託
全銘柄を対象として株価指数

その全銘柄を今日確認すると63本ありました

そし過去の利回りは問題なく
焦点は今後ですね

ですけど未来を予測するほど
当てにならないものはなく

現状を確認するのみです

ではこのファンドの
具体的な投じ先は

👇👇👇

これだけ見ても
イメージは出来にくい

そこで比率がもっとも高い
日本ビルファンド投資法人を確認すると

👇👇👇
日本ビルファンド投資法人

三井系列ですね

そしてこの法人の
ポートフォリオ(組み合わせ)は

👇👇👇

見えますかね?

東京と東京の周辺都市が
89.4%も占めている

👇👇👇

あくまでたくさんある投じ先の
1社しか確認しておりませんが

となれば
『広島でオフィスを解約する企業は
少ないよ!』
なんて意味がありません

都心で解約が増えれば
資産つくりへの影響は甚大です

今すぐに投じ先の変更は行いませんが

コロナワクチンが出来た後
1年~2年ぐらいでしょうか

『オフィスが不要』
はどこまで浸透する?!

その方向性によって
資産配分の見直しが迫られます

いや
もうすでに変更している方は
いらっしゃるかもしれません

注視しておく必要がありますね

ご注意ください

ではまたです

 

※過去のブログはアメブロさんへ

メールマガジンを配信しています。

将来の安心について、お金の専門家から最新の情報をお届けしています。
登録は無料です、ぜひご購読ください。

コンプライアンスを遵守し、個人情報保護に努めます。
強引な勧誘などは一切いたしません。