ブログ Blog

高島屋さん金融サービス参入!が個人と何も変わりませんよ

いよいよスタートのようですね
高島屋フィナンシャルパートナーズ

前々から報道されていましたから
満を持して!でしょう

👇👇👇
NHK

どうでしょう?
1つの流れが生まれますかね

個人的にはおもしろいと思います

ただ高島屋へ行く方々は
少々富裕層のご年齢高め?

ではないですか

そうなると
意味が変わってきますよ

資産運用の意味が

《つくる》ではなく
《守るor引き継ぐ》の意味合いが強くなる

意味が変われば選ぶモノは
大きく変わりますものね

今後の流れ
ちょっと様子見です

 

そしてこの
高島屋フィナンシャルパートナーズ

クレジットカード会社の
高島屋クレジットと

保険代理業の高島屋保険が
統合して生まれたようで

そこへ新たに
フィナンシャルサービス事業を加えた

ではそのフィナンシャルサービスを
どうやって加えたのでしょうか???

それは完全に現代のやり方

SBI証券と業務提携です

もう新たに自前で
証券会社をつくる時代では無くなりました

その1つの証拠として
広島では誰もが知る広島銀行

ここは子会社に
ひろぎん証券を抱えています

それなのに広島銀行は
楽天&SBIと業務提携していますからね

おかしな話だと思いません?

もう違いすぎるのです
ネット証券と店舗証券の利便性が

ですので個人さんであれば
直にネット証券を使えばいいわけで

どのように使えばいいか?!
どのように商品を決めればいいか?!

わからなければお越しください
webでも出来るのですから

 

というのも昨日のこと

50代女性経営者さまと
そのお嬢様お二人が同席されたご面談

特にお嬢様お二人が
ネット証券を頑張っておらるのです

眉間にシワを寄せられながら
『わからん。。』と言われながらも

ただそれを頑張られる意味はあります

将来手元に残る資金が雲泥の差ですので

資産つくりにはぜひ
ネット証券を導入ください

趣味嗜好で行うものではなく
普通預金のような感覚です

 

さて次はどの業種が
金融に参入してくるでしょう

大資本に吹き飛ばされぬよう
がんばらねば!

ではまたです

 

※過去のブログはアメブロさんへ

 

メールマガジンを配信しています。

将来の安心について、お金の専門家から最新の情報をお届けしています。
登録は無料です、ぜひご購読ください。

コンプライアンスを遵守し、個人情報保護に努めます。
強引な勧誘などは一切いたしません。