ブログ Blog

国債がまったく売れていないようですが問題無い!とのことです

わかり良い記事がありましたよ

👇👇👇
ブルームバーグ

売れていないようです

そうなりますよね。。

窓口へお客さまは行かないし
営業も訪問していない

ネットで国債を購入するのは
ほんのほんの一握りでしょう

 

それと案外
知られていないかもしれませんが

証券会社の一部では
キャッシュバックキャンペーンを
行っています

例えば野村証券で500万円購入すると
15,000円が受け取れる

国債ぐらいではないですか

現金を受け取れる商品は

それだけ売りたいのか?!
売らねばならないのか?!

定かではありません

 

この記事でわかり良いのはココです

👇👇👇

政府は個人に
たくさん買ってもらわなくても
良いと考えている

実際の購入割合は

👇👇👇

たった2%。。

100人いたら
2人しか購入していないわけで

そりゃ貯蓄から投資は
まだまだです。。

日本が倒れなければ
確実に受け取れるモノでさえ
誰も手を出しません

おそらく購入している年齢層は
高齢でしょうしね

 

念のため実際に
個人の保有率を確認してみると

👇👇👇
みずほリサーチ

確かに2%台です

では図から確認できる
保有率が多い方々は

👇👇👇

金融機関と年金基金で69.8%

そしてプラスして中央銀行(日銀)が15.5%

👇👇👇

日銀と金融機関と年金基金
合わせて85.3%。。

それだけでイイではないですか。。

結果的にまわりまわって国民が
購入していることになっておりますが

そこへは意識がありませんよ

ただ預貯金がしたくて
預けているわけですから

こうやって間接的に
国民が保有していることになり

でも本当は違うわけで・・・

そこは脱線してしまうので
省略します

 

現在国債を購入するとしたら
意味合いは2つです

もし仮に
『金利が預貯金より良いから?!』

などと言われても
購入する理由にはなりません

0.〇〇%を受けっとても
仕方がありませんから

国債の中に【変動型】がありますね

詳細はHPを見ていただくとして

👇👇👇
財務省

株式やリート(不動産)

預貯金以外を
資産づくりへ導入した場合

それらを抑える役割と
物価上昇に備える

その2つの意味合いです

利息や金利のために
何かを購入する時代はひと昔前

まずはそこからではないでしょうか

おかねを殖やす以外の意味合い
その共通認識が必要と考えます

しかし預貯金神話は
いつまで続くのだろう。。

言っても仕方が無いので
コツコツとお勧めするばかりです

ではまたです

 

※過去のブログはアメブロさん

メールマガジンを配信しています。

将来の安心について、お金の専門家から最新の情報をお届けしています。
登録は無料です、ぜひご購読ください。

コンプライアンスを遵守し、個人情報保護に努めます。
強引な勧誘などは一切いたしません。