ブログ Blog

松井証券さんが独自性で攻めている

タイトル通り

松井証券さんが
独自性を発揮されていますよ

元々ちょっと異質なイメージが
ありますからね

個人的にはとても好きです👏

 

ちなみに2019年12月時点の
ネット証券口座開設数ランキング

👇👇👇
MONEY TIMES

7位ですね

1位のSBIと比較すれば
4倍以上も差が開いている

これに追いつくことは
ちょっと現実的ではありませんか

ですのでサービスで勝負なのでしょう

 

この度あらたに特許を取得されました

👇👇👇
PR TIMES

面白いこと考えますよ

解約するときのサービスです

おかねにまつわる商品は
出口=解約するときがとても大切

税やその後の運用に影響しますから

老後の資産つくりに
投信を導入する場合にも

出口戦略に
重きを置かれるようになりました

SBIや楽天
一部の証券会社では
定期引き出しサービスがあります

毎月決まった金額or率を引き出すことで
運用を継続できる

 

この度の松井さんは
解約金額の指定を受けたら

残高の構成銘柄の比率を
計算しくれる

マニアックですね。。

ですけどめちゃくちゃ
理にかなっています

この特許をもとに
サービスを展開されるようで

定期引き出しサービスへも
影響をおよぼしそう

 

しかも他にもありましてね

👇👇👇
信託報酬毎月還元サービス

すべての投信が対象ではありませんけど
これも他にはないサービス

ですけど安値競争になると
経営は厳しいと思うが。。

 

それとあらためて
松井さんのロボアドバイザーは
いいですよ

👇👇👇
投信工房

特に自動リバランス機能

コロナのような経済ショック時
購入している中身には変化が起きます

あれが下がってこれが上がってのように

それを自動で元の比率に戻してくれる

それが無料ですからね👏

このあたりからも
独自性が垣間見えます

価格競争はありがたいですけど
サービスも大切

SBI&楽天の2強に
くいこまれますかね

サービス重視の方には
候補の1つです

ではまたです

 

※過去のブログはアメブロさんへ

メールマガジンを配信しています。

将来の安心について、お金の専門家から最新の情報をお届けしています。
登録は無料です、ぜひご購読ください。

コンプライアンスを遵守し、個人情報保護に努めます。
強引な勧誘などは一切いたしません。