ブログ Blog

不正統計で話題になったお知らせが届きました

厚生労働省に用事はないが
妻あてに

《職業安定化雇用保険課》
から封書が届きました

なんでしょう?

《雇用保険の追加給付に関する
お知らせとお願い》???

あー
結構前にニュースでやっていました

統計の不正があったと

妻が該当するかもしれないようです

でも10年以上前ですがね
妻が失業給付のお世話になったのは

本来より少なく
見積もっていたのですよね

ミスではなく故意的に

金額にしたら
1,375円?!
or
491円?!

ただ労災の方などは
万単位のようで

郵送&封書&人件費
かけてもやる意味はあるのでしょう

その費用は保険料らしいが。。

 

この不正統計が影響を及ぼすことは
雇用保険&労災保険の給付

だけではなく

経済へも影響するとなり
大問題となりました

おかねにまつわることは
統計&確率がとても大切

何かしらの判断をおこなうとき
その道しるべですものね

そして私たちのような一般人は
特にその手の数字が必要

たくさんのデータや情報がある中

格付け機関は馴染みがありますかね

『日本の格付けを
A+に据え置いた』

のようなフレーズでお馴染みです

 

ですけども
誰が発信するかによって
信ぴょう性は?です

こんな文章があります
ちょっと長めですので

 

下記引用
👇👇👇

信用格付け機関は

格付けをすることで利益を得ているため
利害の衝突の問題に直面する

格付けをするためには
その企業から手数料を取るが

企業は格付けをされないまま
債券を発行して

資金を調達することは
まず不可能なので喜んで手数料を支払う

したがって企業との
良好な関係を築くために

格付け機関が不都合な点に
目をつぶるのではないか
という疑いが生じる

2008年(リーマンショック)の
金融市場の崩壊の時には

無責任な格付けが非難された

多くのスタッフに
複雑な債権を分析するための知識が
欠如していたことは明らかだ

引用終わり

 

要は情報発信者を
調べる方が先ですね

ポジショントーク
なんて言葉もありますので

では引用文書のような
ちょっとおもしろい?!

コトが多々書いてありますよ

👇👇👇

悪魔の取引
※アフィリも何も関係ありません

本棚を見たらふと目に留まったので
ご紹介でした

小説仕立てで
読みごたえがあります

翻訳なのでちょっと読みにくくも。。

ではまたです

 

※過去のブログはアメブロさんへ

メールマガジンを配信しています。

将来の安心について、お金の専門家から最新の情報をお届けしています。
登録は無料です、ぜひご購読ください。

コンプライアンスを遵守し、個人情報保護に努めます。
強引な勧誘などは一切いたしません。