ブログ Blog

信用創造の理解は資産つくりにおいて大切です

マツダが3000億円規模の融資要請ですって

👇👇👇
日本経済新聞

友人知人&お客さまにも
関連企業さんは多いですから

大きな荒波が
起こらないことを願うばかり

 

まだまだ大手企業さんの融資話
発表されるのでしょうが

コロナが深刻化してからというもの
リアルに感じるようになりました

資産配分を根本から変更するときは
そんなに遠くないかもしれません

 

『信用創造は危機?!』
をよく目にするようになりましたからね

信用創造についてはかなり深くなるので
進研ゼミさんを借りましょうか

かなりザッパナな説明ですけど
まず触れるには良いかと

👇👇👇
進研ゼミ高校講座

というか高校で習ったかな?
記憶にないのだが。。

ちなみに僕が信用創造を知ったとき
思考が止まってしまった

かなり驚きましたので💦

日本でおかねをつくれるのは
日本銀行だけだと思っていましたけど

銀行でもおかねをつくれるのです

 

さてそこで登場してくるのが
仮想通貨になってしまう

個人的にはこの言葉が
どうも好きになれない。。

仮想通貨の言葉は
キレイなイメージが連想できにくい

まあそれは仕方がないとして

通貨として広まるとしても
外国通貨ではありませんね

新たに資産クラスが
増えることになる

投信において
バランスファンドは人気ですが

中でも8資産に分けるファンドは根強い

そこへ1つ追加して
9資産となるのが現実味を帯びてきます

 

ですけど仮想通貨企業も
存続の危機のようで

👇👇👇
COINPOST

ここも資本のある企業さんが
生き残るのでしょうか

資産つくりにおいては
規模の大きさが

今まで以上に
判断材料となりそうです

どうぞご注意ください

ではまたです

 

※過去のブログはアメブロさんへ

メールマガジンを配信しています。

将来の安心について、お金の専門家から最新の情報をお届けしています。
登録は無料です、ぜひご購読ください。

コンプライアンスを遵守し、個人情報保護に努めます。
強引な勧誘などは一切いたしません。