ブログ Blog

通貨をいくつか持つ意味はあるのだろうか

コロナ一色の中

東京五輪の延長が
現実味を帯びてきましたね

どうなるのでしょうか
経済は。。

中でもヨーロッパへ
目が向く状況ですけど

ただもう1国
韓国は安堵のようです

👇👇👇

通貨スワップ協定締結
※日本経済新聞

◆通貨スワップ協定

自国の通貨危機が起きた際
協定相手国の通貨を融通してもらえる

ざっとの意味はこうですね

韓国は必ずこの手の問題が起きます

輸出依存が高いですので
外貨の影響をモロに受けてしまう。。

そればかりが理由ではないようですが

とりあえずこの協定は良かったかと

ちなみに日本と韓国の協定は
ストップ状態。。

政治の問題ですね

この手の報道を見るたびに

経済は強くなければ・・・
と思ってしまうのです

現在の基軸通貨はアメリカですよね

この度のコロナで
アメリカへ協定を求める国々は
多いわけです

米ドルへ交換できる約束は
欲しいですものね

ですので個人としても
外貨を持つなら米ドル?!

ならば未来永劫
簡単ではあります。。

現在のところアメリカが
協定を結んでいるのは

日本

EU

カナダ

英国

スイス

それがこの度コロナの影響で
緊急的に9か国と新たに結んだようです

基軸通貨のアメリカは
それぐらいの協定数

そこへ覇権を握りたい中国が登場

現在中国が協定を結んでいる数

32か国と言われています💦

とんでもない数だ。。

こうやって協定国を増やし

通貨の影響力を持って

基軸通貨を狙いに行くのでしょうか

とは簡単にいきませんかね

通貨の分散をするなら
まだまだ米ドル?!

とはいっても
日本で米ドルは使えませんからね

必ず円に交換せねばならないわけで

通貨分散の意味は
机上の話のように感じています

なんとなく正しそうなフレーズには
注意したいところです

ではまたです

※過去のブログはアメブロさんへ

メールマガジンを配信しています。

将来の安心について、お金の専門家から最新の情報をお届けしています。
登録は無料です、ぜひご購読ください。

コンプライアンスを遵守し、個人情報保護に努めます。
強引な勧誘などは一切いたしません。