ブログ Blog

世界的な流行病まで商品にされていたとは…

コロナ関連

毎日のように
状況が変化しておりますね

株価も為替も想定されていた数字に
近づきつつあります

ですので特段
数字に関しては納得なのです

 

知らぬことはたくさんあるものです

◆パンデミック

広範囲のおよぶ流行病

 

これを決めるのはWHO(世界保健機関)

まだ決めないのだな…と思っているところ

新たなコトを知りました

 

【パンデミック債券】
なるモノがあるんですね

◆パンデミック債券

世界銀行が2017年に設立したファンド

感染症のリスクに直面する途上国に
資金を即座に提供するため

らしいです

 

内容は6%以上の高金利

償還日(満期日)は決まっていて

その期間内にパンデミックとなれば

預けている資金は
全額または一部が毀損する。。

 

なるほど

パンデミックを宣言すれば
少々?! かなり?!
世界にダメージがある

だから宣言しないのでしょうか?!

 

かつその償還日(満期日)は
今年の7/15らしい

そこまで引っ張れないでしょうに。。

宣言をしたら
あらたなマイナス要因になりそうです

 

では
おかねにまつわる何かを購入するとき

イメージや信用力だけで
決めていいものかどうか?!

ご参考にしてください

 

先のパンデミック債券

発行するのは世界銀行です

◆世界銀行

189か国から
支援・出資されている国際機関

第二次世界大戦の経済復興を目的に設立

途上国の貧困削減・開発支援が目的

1945年に設立され

本部は米国ワシントンD.C

日本は世界銀行にとって
第2位の資金供与国

信用力は抜群ですね👏

その世界銀行が
初のファンド(投資信託)を作っています

なんとなく良さそうではありませんか?

 

【世界銀行債券ファンド】

2007/6/21にスタート

もう10年以上の歴史があります

なおのこと良さそうですね👏

 

内容は

◆相対的に利回りの高い
新興国通貨建て世界銀行債券に
投資します

なんとなくイヤな感じですね。。

利回りが高い新興国なんて。。

その国が倒れる雰囲気バンバンですが。。

 

運用結果を見ますと
ここ10年で0.77%

全期間で見たら
マイナス11.66%。。

ダメですね。。

 

まぁたまたまかもしれませんが
発行体よりも中身です

なんとなく?!
の雰囲気購入は控えておきたいところです

 

さて本日の夜
NYマーケットはさらに荒れそうだ

注視しておきます

ではまたです

 

※過去のブログはアメブロさんへ

メールマガジンを配信しています。

将来の安心について、お金の専門家から最新の情報をお届けしています。
登録は無料です、ぜひご購読ください。

コンプライアンスを遵守し、個人情報保護に努めます。
強引な勧誘などは一切いたしません。