ブログ Blog

またおかねが出回るようで…何が本当なのだろうか

日々大荒れの状況ですね。。

東京証券取引所

2年1か月ぶりらしいですよ

こんな大荒れは

 

お店には本当に
トイレットペーパーは無いし

次から次へと
イベントは中止になるし

クスリが出来るまでは
この状況でしょうか

 

そんな中

黒田さんが言われましたね

『潤沢な資金を提供しますよ』と

 

国債&投信(ETF)を
さらに買っておかねを回す

大丈夫なのだろうか?!

国債などはすでに
世の中へ出回ってないとも
いわれますからね

 

この手の話題が出るたびに
いろんな【派】が持論を展開します

借金はあるとかないとか

専門学者でも意見は一致しないのですから
正解は無いのでしょうか

 

そこで財務省のHP

こんな動画たちがありますよ

 

【財政を家計に例えたら】

とか

 

【もし、金利が上昇したら】

など

 

まだまだ準備してくれていまして

日本は終わりだ・・・のオンパレードです

 

ですけどこれは暴論だと言う【派】もあって

現代貨幣理論と言われる【MMT】など

真逆です

※MMTの説明は長くなるので
ぐぐってください

 

ですけど総じてどれも
信ぴょう性に欠けませんかね

すべて話が通らないように感じます

 

よくよく言われる
2%の物価上昇

阿部さんはじめ
黒田さんも成し遂げたいわけで

ただそうすると
金利は上がる方向

とすれば
財務省の言う通り
政府の借金は利払いが増えるばかり

あべこべですよね

 

黒田さんの発言で
おかねはいくらでも
刷れると思わされます

それもあと数年かも

 

家計金融資産は1800兆円

国債残高は1100兆円

差額は700兆円

 

毎年80兆円ほど発行していますから

10年も経たないうちに
状況は変わってしまう。。

 

そこでよくよく言われる
預貯金以外の資産

持っておきましょう!は
まんざらウソでも無くなりそうです

現代において
預金封鎖など起こるとは思えませんが

 

ただ100年に1度と言われたリーマン

あれからまだ12年なのに
その再来のような雰囲気ですよ。。

増やす増やさないより
防衛の意味は大切かもしれません

 

しかしトイレットペーパーは
いつ買えるのだろう。。

ちょっとイやな予感です。。

ではまたです

 

※過去のブログはアメブロさんへ

 

メールマガジンを配信しています。

将来の安心について、お金の専門家から最新の情報をお届けしています。
登録は無料です、ぜひご購読ください。

コンプライアンスを遵守し、個人情報保護に努めます。
強引な勧誘などは一切いたしません。