ブログ Blog

いよいよ値段が下がってきましたね

来ましたよ

【下がりました】の通知が

👇👇👇

個人的に購入している投資信託

いくつか購入してますがね

その中の1つ

【Jリート】に関するもの

J→Japan
リート→不動産

日本の不動産へ投じている商品(ファンド)

その価額が下がりましたよ

 

おー

いよいよ動き出しましたね

そうえば数日前に
自己管理しているお客様へも
届いていたようで

👇👇👇


※ブログ許可をいただいております

 

慣れないと不安かもしれませんが
何ら問題ありません

投信ではこの価格のことを
【基準価額】と言っています

この説明
文字にすると意味不明になるのです。。

しかも売り手の金融機関の
窓口さんでさえ
意味をはき違えている人は
多いですからね

 

せっかくなので
基本的なことを

【基準価額】

投資信託の値段のこと

 

計算式を書くと

純資産総額÷総口数

意味わかりませんね。。

 

よく間違われるのです

株式の株価と

まったく違いますのでご注意ください

 

そもそも投資信託は
10,000円からスタートします

そしてそれは10,000口を
表しているので

1口=1円となります

?ですね

 

要はスタートが10,000円なので
それを基準に上がるか下がるか

だけれども
数字が高いほうが優秀なわけではなく

 

ここなんですよね

数字が高いから
良い投信と思われる節がある

現に勧める人が
それを売りにしていたりする

基準価格の高低だけで判断できません

 

では参考までに2つの商品(ファンド)👆

 

共に人気なのですが

①ニッセイ外国株式インデックス

②イーマクシス スリム
先進国株式インデックス

大事な点は
この2つとも

同じところへ投じています

であれば
結果はほぼ同じにならねばなりません

 

そこで基準価格を比べると

①ニッセイ外国株式インデックス

16,724円

②イーマクシス スリム
先進国株式インデックス

12,301円

 

数字だけを見たら
なんとなく①に軍配?!

ではなくて始まった時期が違いますからね

この時期が基準価格の差を生み出す
1つの要因です

 

①は2013/12/10スタート

②は2017/2/27スタート

 

②のスタートの方が遅いですから同時期で見たら

①👇👇👇

②👇👇👇

変わりませんよね

同時期で見比べると

 

同じところへ投じても
スタート時期が違いますかから
結果は変わります

どうぞ見た目の数字だけで
判断されないようにご注意ください

 

そういえば米国カリフォルニア州で
33人陽性らしい

どう出てきますかね
トランプさん

ちょっと気になるところ

ではまたです

 

※過去のブログはアメブロさんへ

メールマガジンを配信しています。

将来の安心について、お金の専門家から最新の情報をお届けしています。
登録は無料です、ぜひご購読ください。

コンプライアンスを遵守し、個人情報保護に努めます。
強引な勧誘などは一切いたしません。