ブログ Blog

映画パラサイトへ投じていたようです

映画パラサイト

アカデミー作品賞👏

アジア映画では初なのですよね

こうなると見てみたくなります

 

学生の頃はたくさん見ましたけど

最近ではめっきり。。

それぐらいの時間は
確保したいと思うものです

 

そのパラサイト

こんな記事を見つけました

👇👇👇


※ブルームバーグ

 

大当たりですって

宝くじのような言い回しで
ちょっとおかしい気がしますよ。。

 

どうなのでしょう?

ヘッジファンドって
イメージは良いですか?

 

ぼく達には関係の無い世界?!

そうでも無く

遠からず近からず
関係があります

 

意味合いとしては
ググっていただくとして

大量の資金を投じて
売って買ってを繰り返す集団

 

ここが悪の権化みたく言われる理由は
先に動くからですね

株にしても為替にしても
市場が動く前に
この方々が仕掛ける

この方々が動きを
コントロールしている側面があります

なんとなくイメージは湧きますよね

 

その差益で儲けるだけ?!

悪と言えばそれまでですけど

悪であるとしたら
必要悪とも言えます

 

【ポンド危機】

イギリスで起こった経済危機

1992年でしたので
もう28年も前の出来事でした

 

有名な投資家さんが
イギリスの銀行をつぶした!
言われています

これもググったらすぐ出てきますので
内容は省略します

 

要は大量にポンドを売って大暴落させ

再度買ったわけですが

これには意味があったと
言われるのです

 

さまざまな要因で
ポンドが高くなってしまって

それだと実態が合いません

ウソの数字を信用して
それにつられて動きますから

 

なので大量に売ったことによって
正常に戻ったと

後付けとはいえ
理屈は通りますよ

 

その後のイギリスは
なかなか大変で。。

国内&国外のルールまで
変更になる始末です

結果的に良かったのか悪かったのか?!

政治が決められないことを
市場のチカラで決めさせた!

みたく言われます

 

ヘッジファンド

まわりまわって
ぼく達の生活へ影響がありますよ

何かのニュースで
彼らの話題があがったら

何かゆがみが生じている
可能性が!

単に仕掛けることは多いが。。

ちょっとだけ
気にかけていただきたいモノです

おかねの話はイメージが大切ですので

ではまたです

 

※過去のブログはアメブロさんへ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メールマガジンを配信しています。

将来の安心について、お金の専門家から最新の情報をお届けしています。
登録は無料です、ぜひご購読ください。

コンプライアンスを遵守し、個人情報保護に努めます。
強引な勧誘などは一切いたしません。