ブログ Blog

広島銀行さんがSBI&楽天と提携!でおもうこと

着々と進行中です

広島の銀行といえば広島銀行

融資に投信に保険などなど

基本的に銀行へ行けば
金融に関するモノは取り揃えてあります

そのモノの良し悪しは別ですけどね

 

そんな多数ジャンルを
取り揃えているのに提携ですって

SBI証券と楽天証券

広島銀行で利用できるようになります

しかしこの2つが二強になりますね

玄人以外はこの2つになってしまう

 

中でもSBI証券

ちょっと頭一つ以上
抜けた感がある

1/31の決算が絶好調👏

株価は急伸中です

経済誌にはしょっちゅう
登場している内容がありまして

SBIが地銀を飲み込む流れが
できつつありますよ

 

そのSBI証券のトップ北尾さん

この方がよくよく言われることに
デジタルの話があります

仮想通貨や
フェイスブックのリブラのこと

それらのことは
特段気にならないのですけど1つだけ

ぼく達の資産作りのために
知っておいて良いことがあります

 

デジタル人民元

聞いたことありますか?

そのままですね
デジタルの人民元

中国の人民元を
デジタルにする構想のこと

中国が現実に発効の準備を進めています

もし発行出来たら
中央銀行としては世界初ですよ

 

その理由は色々言われていますけど
真の狙いは基軸通貨ねらいのようで

現在の基軸通貨は
アメリカドルですよね

世界の貿易決済
約4割はアメリカドル

それをデジタル人民元にしたいのです

なぜだと思います?

 

基軸通貨って
めちゃくちゃオイシイのです

だって世界で必要とされますから
ほっておいても安定します

本来ならおかねを刷り過ぎたら
その価値が下がって
どんどん安くなってしまう

ジンバブエドルの話が有名ですね

安くなりすぎて
価値がなくなってしまって
廃止されましたよ

ですので安くなりすぎるのは困ります

 

ですけど基軸通貨の場合
刷っても刷っても
世界で必要とされますからね

『アメリカは紙を輸出して
モノを輸入する』
などと言われる始末。。

ですのでそのポジションを
中国は欲しいわけで

そうなると
アメリカドルは
まったく別のモノになってしまいます

 

よく言われませんか?

通貨の分散で
アメリカドルを持っておきましょう!
みたいなこと

それは基軸通貨だからで

いま通貨の分散で
人民元を持ちませんよね

それと同じ感覚に
なってしまうかもです

アメリカドルが!

 

要は1つや2つの
通貨を持ったとしても
基軸通貨ありきです

その大全体がゆらいだら
ただのリスクしか残らない

そんなウソみたいなことが
現実に起こりそうですね

デジタルの出現によって

 

とりあえず
身軽にしておきたいところです

さっと移れる心構えが
必要な気がします

広島銀行さんの決断を
見習わねばなりませんね

ではまたです

 

※過去のブログはアメブロさんへ

 

 

メールマガジンを配信しています。

将来の安心について、お金の専門家から最新の情報をお届けしています。
登録は無料です、ぜひご購読ください。

コンプライアンスを遵守し、個人情報保護に努めます。
強引な勧誘などは一切いたしません。