ブログ Blog

天満屋は閉店ですから破産/再生とは大きく違う

閉店でしたね

天満屋広島アルパーク店

自宅からクルマで15分ほどなのです

それでも行くことは無かったですね

確かに近隣へ
大型モールがいくつか出来ましたし

百貨店へ行くなら
市内中心部へ出ます

 

ですけど親近感はありましてね

岡山本店へ勤めている知人はいますし

福山がわたしの里なのですけど
中心部へ福山店があって

幼少期はよく連れられて行ったものです

この度の閉店

時代の流れと言えば
それまででしょうか

 

その百貨店のニュース

もう1つありましたよ

山形で唯一の百貨店を運営する大沼

1/27に破産を申請らしい

山形へ行ったことさえないので
大沼へももちろんありません

 

ただこの大沼

ちょいちょい経済誌へ登場しておりました

投資ファンドが大沼の株式を
取得したのですよ

その絡みのゴタゴタが
面白おかしく書かれていたのです

ですけど結果的には破産申請

難しいのでしょうね

経営再建は

 

この手のニュースを聞くと
感覚の大切さを思わされます

似て非なるモノがありますよね

◆会社更生法/民事再生法
◆破産

どちらも倒産なわけで
上場していたら共に上場廃止

細かな違いは置いておいて
投資している側の感覚が大切かと

 

投信であれ個別株であれ
自分の資産作りのために買いますよね

上がりそうだとか
配当が良いとか

仮にその企業が破産してしまったら
それで終了。。

ゼロになるのは仕方がない

その企業自体が無くなるのですから

 

ですけど
会社更生法/民事再生法

この場合はスポンサーが付きます

スポンサーの資金で再スタート

その時
その株主を購入していたら
破産と同じくゼロになるか

1%ほど残ることもある

 

それも仕方が無いのですけど
感覚は少々違くて

スポンサーから見れば
既存株主さんには
責任を取ってもらうわけで

株主なのだから
倒産の責任を果たして
ゼロor1%に

■倒産したからゼロ
■責任を果たすゼロ

は感覚が違いませんか?

 

この感覚があるか無いか

商品(ファンド)の選択へ
大きく影響しますよ

そこへ投じるなら一蓮托生

仕方が無いと思えるところへ
投じたいところです

そんな感覚も感じることが出来る
これなどは良いですよ

案外この手の書籍は

あるようでありませんので

 

そういえば天満屋アルパークのあと

何が出来るのだろう?

近隣ですから
使い勝手が良いモノならいいが


閉店の寂しさを感じながらも
次のコトが気になる。。

勝手なモノですね。。

投じるときも
独りよがりにならぬよう
気を付けます

ではまたです

 

※過去のブログはアメブロさんへ

 

 

 

 

 

メールマガジンを配信しています。

将来の安心について、お金の専門家から最新の情報をお届けしています。
登録は無料です、ぜひご購読ください。

コンプライアンスを遵守し、個人情報保護に努めます。
強引な勧誘などは一切いたしません。