ブログ Blog

とうとうランキングNo.1が先進医療から外れます

正式決定で良いのだろうか

白内障のこと

水晶体が年齢とともに白く濁って
視力が低下する病気ですね

言い方がわるいですけど
老人病の1つかと

その治療

健康保険適用の治療と
先進医療の治療があります

先進医療は
将来的に健康保険の適用が
検討されている技術のことです

ですので健康保険対象外ですから
費用は高額になりますね

 

ちなみに白内障での両者の違いは
【遠くor近く】焦点の合わせ方

健康保険適用は遠くor近く
どちらかに合わせる

そのためどちらかは見えにくく
メガネが必要になります

それを遠くor近く

共にメガネ不要に出来る手術があって
先進医療対象に指定してあります

その白内障の先進医療

この4月から対象外になる?!はずです

厚生労働省のHPに
報告があるのですけど
正式決定としてはまだかも

おそらく公表のルールがあって
そのタイミング待ちかと

健康保険で治療すれば
一般所得の方で
10万円は必要でしょうか

それを先進医療でおこなえば
40万円ほどかかる(片目)

先進医療でおこなえば
高額になりますけど
民間の医療保険にありますよね

先進医療特約が

それを付けていれば
全額が民間の保険から給付されますよ

 

過去に数名のお客さまが受けられまして
実費以上に給付されました

先進医療から実費が給付されますが
手術扱いなので
手術給付もありますから

大変良かったのですけど
4月以降は先進医療から外れる予定

制度ですから従うほかありませんね

 

さてその先進医療

その実施件数のトップが
先の白内障でした

次いで多い技術に
ガン治療の放射線治療が入っています
※陽子線治療/重粒子線治療

先進医療を受ければ
費用約300万円がすべて実費

ですので民間の保険に
先進医療特約を付けます

実施件数は少なくて
年間4000件ほどですけどね

 

前振りが長くなりましたが
民間の先進医療特約が必要です!
ではなく

自由診療のことをお伝えしたいのです

先進医療は案外簡単です

特約を持っていれば
実費はほぼ無いのですから

ただ自由診療は
そのような制度がありません

民間の保険を検討するならば
自由診療を補いたいのです

 

ジャーナリストの
田原総一朗さん

奥さまをガンで
亡くされていらっしゃいます

その時に自由診療がきつかったようで

抗がん剤を投与されたのですけど
健康保険適用なら8万円

国内未承認のモノなら100万円

その対応に苦慮されました

 

先の先進医療は
先進医療部分のみが実費

それ以外の従来の治療部分は
健康保険適用です

ですけど自由診療は
すべてが実費になってしまう

かなり矛盾があるのですけど
それを書けば長くなりすぎてしまいます

 

ですので毎度書いておりますが
民間の保険を何かしら検討する時

少額しか受けれないモノは不要です

ただ現場では少額な給付でも
喜ばれますけどね。。

受け取る時
無いより有る方がイイですから

けれどもそれに対して
支払う額を知っておきたいところです

 

それとこの度のように
治療&保険ルールは変わります

それに合わせられるような
プランニングを

ではまたです

 

※過去のブログはアメブロさんへ

メールマガジンを配信しています。

将来の安心について、お金の専門家から最新の情報をお届けしています。
登録は無料です、ぜひご購読ください。

コンプライアンスを遵守し、個人情報保護に努めます。
強引な勧誘などは一切いたしません。