ブログ Blog

働く時は130万円を気にしておきたい

驚きましたね

液体のりのニュース

ガンの治療に役立つらしく

放射線治療が飛躍的に向上するとか

文具メーカーのヤマトさん

サーバーがダウンしそうになったようで

そこを検索することに驚くが。。

二人に一人がガン罹患ですから
今後が気になるトピックです

 

それともう1つ

医療系で気になる新型肺炎

今日からでしたかね
中国の旧正月・春節休みは

大量に入ってきそうだが
これも気になるところ

 

ですけども医療のおかねに関して

健康保険制度のおかげで
すべてを気にする必要はありません

ただその制度
いま改革中ですね

全世代型社会保障を導入するとか

高齢者優遇を改善のようですが
どうなることやら

◆税は上がり
◆給付は抑制

その方向は変わりそうにありません

 

それらへ関係することに
収入のことがありますね

最近たまたまなのですけど

奥様方の収入の話題をよく聞きます

◇パートをどこまで制限する?
◇副収入としてバイトする?

なんとなく
働き始める方が多いような気がします

 

このブログでは
貯蓄や投信のことをかいております

ただご夫婦の場合
最強の投資は【共働き】と言われますね

●資産の分散

●収入の分散

●税の分散

取り入れたいものです

 

ではあらためて
奥様方のパート収入の判断目安を👆

いつだったか記憶しておりませんが
配偶者特別控除が変わりましたし

今年から年末調整も変わりますし

今からパート等へ出られる方は
ご参考に

 

103・106
130・150
(万円)

この4つですね

数字として覚えておきたいのは

 

その4つ
ククリを分けると

《税》103・150

《社会保険》106・130

ですね

ご主人の収入や扶養等々で
一律に出来ないのは仕方がありません

 

《税》の103・150

所得税(住民税)発生ですけど
超えた金額に発生するわけで

そんなに気にすることではないかと

 

《社会保険》の106・130

ここは手取りに大きく影響が

ですけど年金は増えるし
健康保険のメリットが
受けれるかもしれない
※傷病手当等

ですので
気に掛けることはありながらも
すべてがデメリットにはなりません

 

ただ1つ
どうしても避けたいこと

130万円を超えるけれども
国民年金&国保の場合ですね

最悪です
このパターンは。。

〇税負担はあるし
〇国保は高いし
〇ご主人の扶養には入れない

その場合は収入の増減を
考えたいところです

 

しかし国はすごいですよ

個人的なことですがね

・フリーター
・公務員
・会社員
・自営業
・会社設立

上の5つ
時間の長短はありますけど
その立場になったことがあって

どれも一長一短だ。。

本当によく考えてあります
日本の税&社会保険の徴収制度は

資産作りには
考慮しておきたい点ですね

ではまたです

 

※過去のブログはアメブロさんへ

 

 

メールマガジンを配信しています。

将来の安心について、お金の専門家から最新の情報をお届けしています。
登録は無料です、ぜひご購読ください。

コンプライアンスを遵守し、個人情報保護に努めます。
強引な勧誘などは一切いたしません。