ブログ Blog

好き嫌いにかかわらず中国は必要ですね

予想通りですかね

台湾の総統選

民主派がかなりの圧勝で
今後どうなるのだろう

 

経済誌には頻繁に取り上げられますよ

【1国2制度】の内容は

投信自己管理の方には
大なり小なり影響はありますからね

この度の選挙で
台湾統一は伸びるのだろうか

 

 

合わせて【1国2制度】の香港

1997年でした
香港返還は

あれから23年も経つわけで

香港の位置づけは
大きく変わってしまいました

 

返還当時
香港経済は強くて

中国全体の15%ほどを
占めるほど

今がいかほどか?

現在を調べて見ると
3%弱になっている

最近の香港へ対する厳しさを見るに
香港へ遠慮がいらなくなったのでしょうね

残り27年になりましたよ

香港の1国2制度の終わりは

 

 

そしてもう1つあわせて
香港の通貨はドル

香港ドルですけど
これまた頻繁に議論されることが
ドルペッグ制

アメリカドルと連動していますよね

◆経済は中国へ依存
◆金融はアメリカへ連動

こんな複雑な制度の将来のこと
自分たちでわかるわけはなく

要は自動化のように
取り入れておきたいのです

世界の流れを資産作りへ

 

 

《日本の奇跡》と言われたのが
戦後ですよね

1960年代ですか

その後に先の《台湾&香港》に
《韓国&シンガポール》の4国が急成長

アジアの四小龍(よんしょうりゅう)
などともてはやされました

その四小龍は以前ほどの勢いはなく

代わりに中国が一気に大きくなりました

中国は世界経済の15%ほど
占めていますからね

 

アジアの中
中国関連だけでも
これほど動きがあります

それが世界になると
わけがわからなくなる。。

 

もし仮にいま
資産作りが預貯金だけならば

1960年代の奇跡と言われた
日本に乗っているだけです

その当時と同じ奇跡は
世界のどこかで起こっています

ぜひ取り入れてください

 

しかしなんだか物騒ですよね

世界のどこかしこで
コトが起こらねばいいが

ではまたです

 

※過去のブログはアメブロさんへ

 

メールマガジンを配信しています。

将来の安心について、お金の専門家から最新の情報をお届けしています。
登録は無料です、ぜひご購読ください。

コンプライアンスを遵守し、個人情報保護に努めます。
強引な勧誘などは一切いたしません。