ブログ Blog

公園の父と言われた本多静六さんはおススメです

2019年はこれが最後でしょうか

ヘアドネーションへ
関わられせもらっております

まだ2年も経ちませんがね

 

2019年最後は小学校3年生

30cm以上の提供で
かなり長いですよ

 

小学生女子の思考はわかるはずもなく
気になって聞いてみた

ここまで伸ばした理由を

 

親御さん曰く
がんばって伸ばされたようです

20cmぐらいの時に
切りたくなったらしいのですが

30cmが一つの目安になっていますからね

どうせならそこまで頑張ろうかと

 

我が息子は小5で丸坊主ですから
本当のしんどさはちょっと想像しにくい

ありがとうございます

 

それとこの度の美容院さん

専用の袋を準備されていた

 

カットした髪は
ジャーダックという
NPO法人へ送るのですよ

そのための専用袋

担当の美容師さんが
さっとその袋を準備されていましたからね

 

この美容院さんは普段から
協力されているのでしょうね

袋準備に郵送料

美容室さん負担ですからね

オーナーさんが寄付活動へ
取り組んでおられるのがよくわかります

ちなみにご自身やご友人
ヘアドネーションをされる方は
ご協力いただけますと幸いです

カット代負しか負担させていただけませんが
どうぞよろしくお願いいたします

 

さて
【日本人は寄付の文化が根付きにくい】

前々から言われていること

個人主義が多いから!
などと言われますね

 

そして寄付と投資は
比較的近い考え方とも言われますよ

そのパイオニア

日本人で著名な方と言えば
本多 静六(ほんだ せいろく)さんでしょうか

 

肩書は造園家

公園の父です

 

《四分の一 天引き貯金》
が有名ですよ

給料の1/4は貯めましょう!と

最初から無かったことにする

そしてその1/4の中から
投資に回されておりました

その後定年と同時に大半の資産を寄付

ぜひ一度
何かしらを読んでみられては
いかがでしょう

私の財産告白
などは特に有名な書籍です

 

最後に有名な一説をご紹介


金というものは重宝なものだ

まず一応、だれしもあればあるに
越したことなない

ところが世の中には
往々間違った考えにとらわれて

この人生に最も大切な金を
頭から否定してかかる手合いがいる

~~~

これはことに
日本人の間に昔からあった悪い癖で

いわゆる武士は食わねど高楊枝といった
封建思想の余弊でもある

しかもそれらの連中は
全く金を欲しがらぬかといえば
さにあらず

金にたいしてはいっそう敏感ともいうべきで

敏感なればこそ
人の懐ろ具合まで気になるわけなのである

 

ごもっともです。。

おススメ書籍のご紹介でした

年末年始にいかがでしょうか

ではまたです

 

※過去のブログはアメブロさんへ

メールマガジンを配信しています。

将来の安心について、お金の専門家から最新の情報をお届けしています。
登録は無料です、ぜひご購読ください。

コンプライアンスを遵守し、個人情報保護に努めます。
強引な勧誘などは一切いたしません。