ブログ Blog

現実に起こった通貨危機が題材の映画が公開

親御さんの教育でしょうか

少し前にオーケストラの
招待チケットをいただきまして

ただ当日にどうしても外せない所用があって

せっかくなら好きな人に
行ってもらいたかったのです

 

色々考えて
中学生にすごく好きな人がいました

親御さんを通してお誘いしたら
めちゃくちゃ喜んでくれましてね

友だちを誘って行かれたらしい

 

そうしたら後日
これをいただきました

旅行へ行ったお土産で
ぼくにわざわざ買ってきてくれましたよ

 

ご自身で考えたのだろうか

感性というか教育というか
ありがとうございます

 

ちなみにこれは熊本のお土産ですね

幸せの国
熊本ですよ

 

幸福度ランキングで上位だったはず

やはりそうでした

最新のデータでは熊本2位

1位 宮崎
2位 熊本
3位 福島

何が違うのでしょうね

 

よくよく言われることは
おかねの量と幸せはイコールにならないと

ココロの満足度が叫ばれておりますよ

 

そのおかねの土台とでもいいましょうか

ぼく達は日本に住んでいるわけで

日本のルールに基づいて
おかねを管理しております

その土台が崩れたら
ちょっと想像が出来ない状況になりそう

 

そのサンプル的な映画が上映されますよ

《国家が破産する日》

韓国の経済危機が描かれています

 

1997年の韓国

現実に通貨危機が起こりましたよ

それを題材にしていますからね

かなり面白く
今後の参考にもなります

予告はこちら
👇👇👇

 

広島は今月12/13から
サロンシネマで公開です

ぼくは行きますから
時間の合う人は一緒に行きましょう

感想はまた書かせてもらいます!

ではまたです

 

※過去のブログはアメブロさんへ

メールマガジンを配信しています。

将来の安心について、お金の専門家から最新の情報をお届けしています。
登録は無料です、ぜひご購読ください。

コンプライアンスを遵守し、個人情報保護に努めます。
強引な勧誘などは一切いたしません。