ブログ Blog

借り換えに伴ってたくさん変更されましたよ

手続きはほぼ終わり

住宅ローンの借り換えを
おこなっていまして

先日ようやく
ほぼ終わりました

案外めんどくさいのですよ

振込日の指定がありますからね

 

当日の朝
新の金融機関から
通帳へ残額が入金されます

かなりの額ですから
ちょっとおどろく。。

 

それを確認して
旧の金融機関へ振込の手続き

旧の残高がゼロになった証拠を
新の金融機関へ提出して
とりあえずひと段落

 

この手の手続きに慣れていない人は
戸惑うでしょうね

ただこれだけで
数百万円の利息が減るわけですから
効果は大きい

 

実はお客さまのお一人も
同じような手続きを
おこなう予定なのです

なのでたくさん計算しましたよ

 

30代ご夫婦ですけどね

おおまかに将来のことまで
把握されたいご夫婦です

ある程度は退職までの
イメージを想定して準備中

 

それが変わってしまいますよね
住宅ローンの借り換えで

変更になる点をざっと書くと
↓↓↓
●毎月の返済額はちょっと上がる

●団体信用生命は未加入だった

●その代わりに民間の生保加入

●この度は団体信用生命へ加入する
※ガン団信付き

●民間の生保はかなり減額できる

●ふるさと納税を利用するから
住宅ローン控除との兼ね合いがある

●イデコを検討しているので
さらに控除が変わる

●繰り上げ返済のシュミレーション変更

などなどですよ

 

要は単発のそのコトだけを考えても
効果は薄くなりがち

何か1つ解決するのではなく
全部持ってきていただきたいのです

おかねにまつわる事柄を

 

だったら老後2000万円問題など
なんとでもなりますので

ご不明な&ご心配なことは
お問い合わせからどうぞです

 

さてもう少しで
借り換え手続きはすべて完了する

最後に残っているのは
抵当権の変更

 

新の金融機関専属の
士業さんに渡しているのです

俗に言うところの
土地等の権利書を

なんとなくちょっと心配。。

慣れていないことは
コワくなりますよ

ではまたです

※過去のブログはアメブロさんへ

メールマガジンを配信しています。

将来の安心について、お金の専門家から最新の情報をお届けしています。
登録は無料です、ぜひご購読ください。

コンプライアンスを遵守し、個人情報保護に努めます。
強引な勧誘などは一切いたしません。